Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいいものたち。

3月15日のログです。

この日は
AW Shuck’s,JahirⅡ,TKⅡへ行ってきました。

Aw Shuck’sではウミウシカクレエビ、ニシキフウライウオのペア、イザリウオ、
すごく一生懸命動いていてかわいいチョウチョウコショウダイの幼魚(1cmあるかないかぐらいでした)、
ニセアカホシカクレエビなどを見ることができました。


ニシキフウライウオ2


写真はニシキフウライウオです。

JahirⅡ
では少し憎い顔をしてるけどとても可愛いモヨウフグの幼魚、
葉っぱのようなSpiny Waspfish,日本にはいないWide Barred Shrimpgoby、
少し大きくなったセンネンダイを見ることができました。


Spiny Waspfish

モヨウフグ 幼魚


写真はSpiny Waspfishモヨウフグの幼魚です。

TKⅡでは、ワカヨウジ、同じ穴の中にいたハナヒゲウツボ幼魚&成魚(めす)、
イロイザリウオ、イザリウオ、そして最後にバンガイカーディナルフィッシュの群れを
見ることができました。


イザリ


バンガイ3


バンガイ2

写真はイロイザリウオバンガイカーディナルフィッシュです。

写真はすべてお客様のMさんからいただきました。
ありがとうございました。





スポンサーサイト

もりだくさん。

少し前の3月12日のログです・・・

この日は
Hair Ball,Nudi Retreat,Tandu Rusa,Damisa Pointへ行ってきました。

Hair Ballでは、イザリウオ、ゼブラガ二、
ウニの間にいたセンネンダイの幼魚、まだまだ小さいイッポンテグリのメス
などを見ることができました。

Nudi Retreatでは、18m付近にいるピグミーシーホース、そのすぐ近くにいたタツウミヤッコ、
ピンクスクワットロブスター、ニチリンダテハゼ、
大きなコブシメなどを見ることができました。

Tandu Rusaでは、15m辺りにミナミハナイカの卵、その近くにミナミハナイカを見ることができました。
このミナミハナイカの卵をよ~くみて見ると中で動いていました

そして、その中の卵の1つがハッチアウトしました。
卵の中にいたときは白いのに、出てくると“大人”と同じ色になっていました。

そのあと浅場の方へ行くとガイドのアリーが止まって
何かを見ています。
私が近づこうとすると“待って”のサイン。

アリーを見ていると長い棒で砂地をトントンとたたいています。

すると出てきました。


Wanderpusです。

このタコはMimic Octpusと形も大きさも似ていますが少し色が違います。
Wanderpusの方がチョコレート色をしています。

しばらくこのタコを観察しエキジットとなりました。

Damisa Pointでは、ニシキテグリのカップリングを見てきました。
この日は何度も見ることはできませんでしたが
しっかり近くで観察できました。

つづきです。

つづきです。

12日はAngel’s Window,Hair Ball,TKⅡ,Jahirへ行ってきました。

Angel’s Windowでは黄色いピグミーシーホース、ワニゴチ、ハナヒゲウツボの幼魚、
ウミウシ、ゴールドスペックジョーフィッシュなど見ることができました。
このポイントは他のポイントに比べて珊瑚も多いポイントで
個人的にはちょっとレンベっぽくないのでは?と思っています。

Hair Ballではまだ小さくて白っぽいイザリウオ、ウミウシとオオイカリナマコの上にのっていた
ウミウシカクレエビ、ウニの間にいたセンネンダイの幼魚、産卵中のウミウシ、
卵を観察しようとする私から必死にそれを守るトウアカクマノミなどを見ることができました。

TKⅡ では、FlasherScorpionfish、イッポンテグリのペア、ツマジロオコゼ、Longspine Waspfish、色々なウミウシを見ることができました。

Jahirではイロイザリウオ×2ココナッツオクトパス、ヒメオニオコゼ、Berry’s Bobtail Squid、
そしてミナミハナイカの卵を見ることができました。
ミナミハナイカの卵はその卵の中で動いているものもいてとても可愛かったです

13日はJahir,AW Shucks,Aer Prang,Jahirへ行ってきました。

Jahirでは前日の夜と同じようにミナミハナイカの卵、ちょっと憎い顔をしているけど
すごく可愛いミナミハコフグの幼魚、ツノカサゴ×2、黄色いニシキフウライウオのペア、
食事中のモンハナシャコの子供を見ることができました。

AW Shucksではニシキフウライウオ、可愛いオレンジのイロイザリウオ、ナマコの上に乗っていたコウワンテグリの子供などを見ることができました。
このコウワンテグリの子供ガイドのウィルソンが見つけたのですが
ナマコを指しているのでウミウシカクレエビかな??と思いながら
近づいてよ~くよ~く見てみるとその子供でした。
大きさは1cmないくらいでした。
動きがとても可愛くいつまでも見ていたかったです

Aer Prangでは黄色いボロカサゴ、ハナヒゲウツボの成魚 (オス&メス)、
イバラタツ、シンデレラウミウシ、
ネジリンボウ×2などを見ることができました。

JahirⅡでは黄色いニシキフウライウオペア、白いニシキフウライウオ、
黒のイロイザリウオ、ヨソギ(メス)、モヨウフグの幼魚などを見ることができました。

水温はどのポイントも28℃、
透明度はポイントによって違いますが平均10~15mありました。

お久しぶりになってしまいました・・・

少し時間が空いてしまいました・・・

2月10日~13日のログです。
すみません・・少し!?前のものですがご了承下さい

10日は到着日ということもありこの日はナイトを1本行いました。
ポイントはRetak Larryです。

ここでは、ノコギリヨウジ、クリーニングを受けているホタテウミヘビ、コブシメ、
バンガイカーディナルフィッシュ、ココナッツオクトパスなどを見ることができました。

翌日11日はTKⅠ,Nudi Retreat,Pante Parigi,TKⅢへ行ってきました。

TKⅠではネジリンボウ、少しブサイクな口のイッポンテグリ、ヒレナガネジリンボウ、
イソギンチャクモドキカクレエビなどを見ることができました。

Nudi Retreatでは少し流れのある中のダイビングとなりました。
ここでは、ピグミーシーホース2個体、ウミテングのペア、ピンクスクワットロブスター、
色々なウミウシを見ることができました。

Pante Parigiでは本当に大きいオオモンイザリウオ、クマドリイザリウオ、
ナマコマルガザミなどを見ることができました。

TKⅢではナイトダイブとなりました。
ここではまだ子供のヘアリーフロッグフィッシュ、そしてこれもまだ子供のツノカサゴ、
イバラタツ、タコなどを見ることができました。

水温はどのポイントも28℃でした。
透明度はTKⅠが10m、Nudi Retreatが10~12m、Pante Parigiが10~14m、TKⅢが8~10mでした。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。