Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラルーム

cameraroom00.jpg

cameraroom01.jpg

ここカサワリレンベリゾートではカメラルームがフロントの横にあります。
到着してお部屋の前に大小のカゴが用意されています。
その小さい方にカメラを入れてください。
その後はボートクルーが毎ダイブごとにボートとカメラルームの間を運んでくれます。
カメラルームは縦の写真のように一人一人の場所が決まっていてコンセント、タオルなどが用意されています。100Vの変圧器や空気で水を飛ばす所も用意されています。
至れり尽くせりですね。
カメラなどの充電はカメラルームで行うようにしましょう。
お部屋は鍵を抜くと電源が落ちる仕組みになっているので気をつけましょう。
夜はフロントの閉まる時間に合わせて22時から朝6時まで鍵が閉まります。
不安のある方はお部屋に持って帰ることをお勧めします。

充実した設備で万全のセッティングを行い、いい写真をたくさん撮りましょう!
スポンサーサイト

ミナミハナイカ


一度ナイトで5センチ位のは見たことがあったのですが、お客様と一緒だったのでカメラが無く写真に収めるのは初めてでした。
この個体は15センチ位と大きく、初めは茶色くて少し変わった形のオコゼかと思い近寄っていくといきなり色が変化して、びっくり!ミナミハナイカだったのでした。
すごくシャイで逃げるミナミハナイカを追いかけ撮ったのがこの写真。
少しずつ浅い方に逃げていたのでよしよし浅い所でじっくり写真を撮ろうと思っていたのに、何を思ったのかいきなり水面へ向けて垂直に逃げて行ったのでした・・・・。
これには大変、びっくりしました。
次に向けてのいい勉強になりました。
franboyan.jpg

レストランから

restran.jpg

ここカサワリレンベリゾートはフロントの2階がレストラン、バーになっています。
レストランからは海が特に朝は海が青くて綺麗です。
ご飯を食べながら行き交う船や対岸のレンベ島などを眺め、心地よい風に心洗われます。
この対岸までそんなに離れていないこの狭い海峡で4,5年前まではイルカやジンベイが見られることがあったそうです。
現在はそのどっちも見ることができませんが、この何気ない風景にご飯を食べながらイルカが見れることを想像してしまいます。
そして、いつか見られる日が帰ってくることを期待して毎日海を眺めるようになりました。

これも私的、初!フリソデエビです。
ピントがあまいのですが、私はこのピントのあまさが好きなので載せてみました。
ピントがぴったりあっているのもいいのですが、こっちの方がアンニュイな感じがしてかわいく感じるのは私だけでしょうか?
目にピンとを合わせるとなんだか違った印象になってしまうような気がします。
フリソデエビはハーレークイーンシュリンプと呼ばれています。外人にももちろん人気は高く、つい最近いることが発覚!私も見たいとボートに一緒に乗って撮ってきました。現在2つのポイントで見られています。
フリソデ

目白押し!

昨日、おとといとナイトダイブへ出かけていたのでログのアップが遅れています。
朝7時半からナイトダイブが終わって帰ってくると20時近くと潜りまくるスケジュールです。
今、来ているアメリカ人のお客様がこのレンベに長く通い続けている方でポイントにも詳しく、ガイドとも長い付き合いなので色んな注文をしてくれるため、普段よりも内容の濃いダイビングになっています。
沈潜のポイントでは滅多に潜らないマネジャーのNusが超超超レアで本人も2回目だと言っていましたが、ヘアリーオクトパス!が見られたり、ニシキテグリの求愛を見に行ったり、インドネシアにしかいないベルベットゴーストパイプフィッシュの紫とピンクのペア、かわいいものばかりです。
ほんと良く見つけるよな・・・と関心します。
私も早くそうなりたいな。

5月17日 今日のダイビング

今日の天気は晴れ、ちょっと風が強いですが気にするほどではありません。
今日はお客さんと一緒にダイビングに行ってきました。
Police pier,Pante paligi,TK3です。
最近、見られるようになったフリソデエビ!ついこの前まで4匹いたのに、今日はたったの1匹になっていたそうです。
私たちはのんびりオレンジ色、うすピンク、茶色のイロカエルアンコウヘアリーフロッグフィッシュなどじっくりビデオに収めていました。
エスカをフリフリ!これはビデオに尽きますね。
メガネウオは砂を払うと潜っていき、また払う、潜るの行動が面白かったです。

納得できる名前

写真は「ゼブラバットフィッシュの幼魚」です。
大きさは現在10センチくらい、大きくなると全く違った姿をしています。そして成魚はレンベではあまり見ないですね。
名前の通り体の模様がゼブラ!
分かり安く思わず納得。
なぜか何もないところにぽつんといるので
写真撮りやすいです。
これでも充分かわいいと思うのですが、
もっと小さい方がかわいいんだそうです。
日に日に成長していく姿を観察していきたいです。

zebra00.jpg

見るものたくさん!

最近のレンベは見るものたくさん!
ここに書ききれないくらい凄いです。

私も初めて見たものがこの1週間でいくつか。
その他にも珍しいものが目白押しですよ。

そんな感じでシャッターを押す指と目が疲れます。
私もお客様のいない間を狙って久しぶりにカメラをしています。
写真も少しずつお見せしていきたいと思います。

まだ使い慣れていないので、うまく撮れなくて自分にイラついています。ガイドのWilsonにもハタタテガレイが2匹であの白いひげを伸ばして威嚇し合っているのを教えて貰ったのにカメラをうまく操れず、逃げられてしまい、水中で耳を引っ張られてしまいました(泣)そんな感じで期待せずに待っててくださいね。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。