Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れたり、降ったり

忙しい天気が続いています。
朝、晴れてたと思ったら昼過ぎに雨、止んで明るくなってまた寝る頃は降ったり。
今は乾期真っ只中で夜中に降るくらいのはずですが、やっぱり気候がおかしいようですね。
ここカサワリレンベリゾートは衛星でインターネットに繋いでいます。
モデムの付いたパソコンをお持ち頂ければ、お客様にも1時間60000ルピアでご利用いただけます。
こんな天気なのでインターネットが繋がったり、切れたり。
「あっ、切れた!」外を見ると(あぁ、雨だ・・・。)という感じです。
今日は隣の村で結婚式が行われています、ブルーシートで作った屋根の下で。
でも、さっきはどしゃぶり、今も降っています。
昨晩から前夜祭のように夜中まで大きな音楽が聞こえていました。
こっちでは結婚式というよりはディスコって感じです。
新郎新婦はステージにいてお客様が来ると立って記念撮影を行うだけですぐ横で大きなスピーカーがずっと音楽を流しています。
ちゃんと今もその音は聞こえているので宴は続いていることと思います。
スポンサーサイト

6月26日のダイビング

昨日いらっしゃったアメリカ人10人グループと一緒に潜ってきました。
ボートを2艘出し、それぞれPante parigi、Nudi falls、TK3、TK3。TK3、Nudi retreat、Nudi falls。
私は日本人のお客様と一緒にボートを移動しながらPante parigi、Nudi fallsで2本潜ってきました。
今日もウミウシを撮りまくり。今日もNudi fallsの一部分でしか潜れませんでした。
そして今日はこんなかわいいものも!
kumadori0626.jpg

クマドリイザリウオの赤ちゃん!ほんの2センチほど。
なんだか仕草、手が何かを掴もうとしているのがかわいじゃないですか!
4日間のダイビングを終え、明日、帰国の予定ですが「まだ物足りない!」ということで2週間後にまたいらっしゃるそうです。
レンベの海は奥が深い!なかなか短い期間では満足できないようです。
この4日間の海の写真ありがとうございました。

6月25日のダイビング

今日は少し雰囲気の違う所で!ということで1本目はTanjun tebalへ行きました。
ここは普段ピグミーシーホースを見に行くポイントなのですが、今回のお客様はウミウシのリクエスト。
ここでしか見ない蛍光の黄色やオレンジの入ったクロスジリュウグウウミウシ系などがいて前からウミウシ結構いっぱいいるなぁと少し気にはなっていたのでこのポイントを選びました。
潮が流れていましたがリーフの間に入ると静かで色んなウミウシをいっぱい撮りました。
ついでにウミウシカクレエビやイボイソバナガニなども見ました。
2本目はTK3へ行き、ツノカサゴをじっくりと観察。
3本目はAW shucksへ。
ここも少し前まではニシキフウライウオが多く、人気のポイントでした。
なんでこのポイントを選んだかというとここでなんてきれいなピンクと紫のウミウシなんだろう!とセスジリュウグウウミウシを写真に収めた所でウミウシ熱を再発させたポイントなのです。
otohime0626.jpg
なぜか真っ黒ですが、ダブルクリックすると見れます。
暫く行っていなかったので少し不安はありましたが、入ってすぐクロスジリュウグウウミウシをはじめヒブサミノウミウシ、オトヒメウミウシ、スィートジェリーミドリガイなどなど狭い範囲であっという間の80分でした

カブトムシ・・・?

今日は朝からすっきり青い空が広がっています。
Nudi retreat、Tandu rusa2ダイブ、Nudi fallsの計4ダイブを行いました。
Nudi retreatは途中で流れが変わりうねりが入って写真がとても撮りづらかったですが、後はコンディションも良くたくさんの写真を撮っていました。
3ダイブ目の14時半頃、ウエットスーツを着ようとデッキの方へ歩いていくと足元にカブトムシが・・・。
kabutomusi0625.jpg

思わず写真を撮ってしまいました。
マクロレンズをつけて、思いっきり寄って。
でも、よく見ると、ツノが下からも生えている・・・。
これってカブトムシですかね?クワガタじゃないですもんね・・・・・?とお客さんとの会話でした。
写真を撮り終わったらスタッフがささっときてポイッと外へ放り投げていました。
えぇ?日本じゃすごく高級品かもしれないのに、と私は驚きを隠せませんでした。
きっと持って帰りたいくらいの男性は多いはず!と思いました。

6月23日のダイビング

今日はすっきりとは晴れませんでした。
うすい雲が空一面、白い空でした。
今回のお客様のオーダーはヘアリーフロッグフィッシュ、バンガイカーディナルフィッシュ、ウミウシ!
まず、1本目は目を慣らすため、TK3へ。
3cm位の茶色と10cm位の黒イロカエルアンコウ、ヘアリーフロッグフィッシュ、オレンジ&ブラックドラゴネット、もちろんウミウシも。
2本目、3本目は本格的にウミウシ探し。
小さい固体を探しにNudi fallsへ行きました。
さすが、Nudi falls80分くらい潜りましたが進むたびに小さな個体がいて狭い範囲で写真を撮りまくり。
もちろん、ウミウシだけでなくバンガイカーディナルフィッシュも見ましたよ!
少しずつしか移動してないので1回目は9M、2回目はその続きを潜って13Mまでしか行ってないんです。
まだあと2ダイブはこのポイントで楽しめそうです。
sinobi0626.jpg
真っ黒ですがダブルクリックするときれいな姿が見れます。
シノビウミウシです。
小さな個体はピントが合いづらいのでなかなか難しいですが、ちゃんと撮れるとすっごくかわいいです。

成長日記

zebra0622.jpg

おとといのゼブラバットフィッシュです。
段々、ゼブラの模様が黒く変化してきました。
前と同じような場所にいますが、さすがに擬態にも無理なサイズになって来た様で写真を撮ろうと近づくと逆に大きいものに隠れようとするかのように寄って来ます。きれいに撮ろうとマクロモードで寄ると写真のようにはみ出てしまいました。
昨日まで、お客様に混ざって私も毎日3本カメラを持って一緒に潜っていたので写真の整理がつかずちょっと遅れたアップになってしまいました。今日は昨日までのお客様がお帰りになり、日本人のお客様が到着しました。明日からはしっかりとガイドしてきます!

どんどん小さくなって

今、来ているお客様はこのレンベに10年近く通い続けている方たち。
私よりもポイントや生物にはもちろん詳しく勉強になります。
ローカルのガイドとも長く一緒にダイビングをしているだけあってお客様の好みを良く知っているガイディングでした。
6日間のダイビングの中で一番よく行ったのがNudi falls。
レンベでも有名なポイントで、ウミウシやピグミーシーホースやエビ、カニなど小さなものがたくさん。
そんな中でかわいいウミウシをお客様に見せていました。
umiushi0620.jpg

小さいものはそれだけでもかわいいですが、色もきれいなものが多いです。
ガイドしてる方もどんどん小さい個体を紹介して、ついには糸くずのようなものまで。
みんなで壁に張り付いていてふと離れて見ると笑える風景でした。

北の端まで

雨で涼しかった日はたった1日だけでいいお天気の日が戻ってきています。
今日はレンベ島の北の端「Batu kapal」へ行くと言うので一緒に乗せていってもらいました。
リゾートからボートで約30分、ちょっと遠いので朝食はボートに持っていって「Dante's wall」で潜ってから戻るというスケジュールでした。
Batu kapalはレンベ島の北の先の方に小さな岩が出ていて灯台がありました。灯台より少し沖の方に更に小さな岩が見えます。その小さな岩は水底20M位から突き出したように大きな根になっています。そこの周りで潜りました。
潮の流れ、うねりなどコンディションがなかなか難しく、またお客様のスキルも要求されそうに感じました。今回のお客様は「前回来た時にここで大きなカメラ持って入ったら大変なことになっちゃってさー。」なんて言っていました。今回は小さいデジカメだけ持って入ってました。
入ってすぐバラクーダの群れを見ました!後はカスミチョウチョウウオ、コクテンカタギ、ボウズハギ、アカモンガラの群れ。壁沿いはキサンゴがびっしり生えており夜はきれいなんだろうなと思いました。
Dante's wallはそこから5分位南へ、レンベ島側です。壁沿いに狭いリーフ、その外側はWallになっていました。途中、10M位のところに洞窟になっているところがあったり、水面近くにアーチになっている部分があったり地形も楽しいポイントでした。
帰りにイルカの群れをボートから見ながら昼過ぎにリゾートに戻ってきました。

久しぶりに

雨です。
昨日の夜から降ったり止んだりしています。
昨日までは朝は天気が良く、午後や夜中にスコール程度の雨はありましたが、今日、起きてみるとまだ降っており、空は明るいので止むかな?止んだ。また降ってる。の繰り返しです。
最近、まだ水温28度ありますが、たまに冷たい水の部分があり水温が少しずつ下がってきているように感じます。
その証拠にワンダーパス、ミミックやツノカサゴなどが見られるようになってきています。
これからの季節にレンベへいらっしゃる方は冷えないようにしてきてくださいね。
ここカサワリでは60分ぐらい潜ることが多いので水温が28度といえ、寒く感じますよ。
現在、リゾートはタイからのお客様だけです。
今日はおとなしくオフィスで日本語版のメニューを作成しています。

6月14日のダイビング

天気は晴れ!気持ちいい朝です。
今日はAngels window,Pante parigiの2ダイブです。
Angels waindowは地形も面白く、短いトンネルがあったりします。
リーフの壁の部分はソフトコーラルもきれいで色とりどりのウミウシがいます。
そしてスミレナガハナダイなど南国系?レンベでは見ないだろうと思っていた魚にも会えますよ。
今、ご一緒させて頂いているお客様はおととし、去年、今年と3年続けてManadoへいらっしゃっていて、今年はレンベを中心に!ということでここカサワリで4日と今日2ダイブしてからキマバジョへ移動、そして明日はブナケンで1日ダイビングというご旅行です。
ブナケン側とレンベ側の2つの顔をもったManadoですので、こんな風に潜るのもお勧めです。
今回は珍しいタコ系のココナツオクトパス、ホワイトVオクトパス、ミミック(頭だけ?)、ワンダーパス、そしてヒョウモンダコ!
hyoumon0612.jpg

すごいラッキーな方たちでした。
きっと今頃はキマバジョへ向う車に揺られていると思います。
この4日間のお写真はその方たちに頂きました。
ありがとうございました。

6月13日のダイビング

今日は8人グループのお客様がお帰りになりました。
賑やかだったリゾートもすっかり静かになってしまい今日のダイビングは1ボートでした。
Nudi retreat,TK3,TK1,Jahirでした。
Nudi retreatは少し範囲を広げて?いつもより少し足を伸ばして潜ってみました。
ニシキフウライウオやウミウサギなど普段よりも盛りだくさんでした。
ナイトはツノカサゴをもう一度!と言うことで入りましたが・・・・
今日は現れてはくれませんでした。
その代りに、これ!
wonder0613.jpg

ワンダーパスがいました。
結構長い時間、見せてくれたので良い写真撮れてますね。

6月12日のダイビング

今日も天気は晴れで気持ちの良い1日でした。
ダイビングは2ボート
Batu merah,Nudi retreat,TK3
Nudi falls,Hair ball,TK2,Jahir
へ行ってきました。
レンベらしいMuck Diveばかりだったのでコーラルのある所へ行って少し気分を変えてみました。
TKではヘアリーフロッグフィッシュやココナツオクトパス、ツマジロオコゼなどなど。
ナイトダイブにJahirへ行ったグループは久しぶりの登場!
anbon0612.jpg

ツノカサゴのペアを見たそうです!
これから水温が下がってくると数がもう少し増えますが、これもレンベにいらっしゃる方のリクエストに入ってくる人気者です。

6月11日のダイビング

今日も朝からいい天気でした。
昼過ぎには少しにわか雨が降りましたが風の心地よい1日でした。
本日は2ボートで
Angels window,Pante parigi,Nudifalls,Damisa point
TK3,Aer prang,Tandu rusaでした。
レンベであることを忘れてしまうくらいコーラルの広がるAngels windouwではピグミーシーホース、スミレナガハナダイ、ミゾレチョウチョウウオ、オヤビッチャ、ボウスハギなどを見ました。
クマノミもハナビラクマノミ、クマノミ、カクレクマノミがいて、特にカクレクマノミは一緒にニセアカホシカクレエビが着いていてかわいかったです。
そして今日もニシキテグリを見に別チームで行ってきました。
今日は先客がいていつもの場所はもういっぱいで、少し先のガレ場を探しそこでニシキテグリを観察ました。
nishikiteguri0611.jpg

思ったよりも数も多く、何度もカップリングを見ることができました。
お客様も大満足!
朝から晩まで、楽しい1日でした。

6月10日のダイビング

今日はお客様が多くて賑やかです。
天候にも恵まれ、水温も28から9度と安定していました。
朝は流れが少し強くポイントの変更などをしました。

ダイビングは3ボートフル活動です!
それぞれ、チームに別れ
Tandu rusa、TK1、Aer prang
TK2、Plice pier、Tandu rusa
AW shucks、Pante parigi、Jahir、Damisa point
3ダイブ、もしくはそれにマンダリンダイブ(ニシキテグリ)で4ダイブ行いました。
それぞれのボートに日本人のお客様がいらっしゃったためブリーフィングを3回ずつ、体が2つ欲しい1日でした。
皆様、それぞれ写真をたくさん撮ってきたようです。そして、新しいゼブラバットフィッシュの7センチ位の小さな個体も見てきていました。
zebraT10.jpg

写真を見せて貰いましたがやっぱり小さい固体はかわいいなぁ。フリソデエビのリクエストもあり前回見たポイントへ行きましたがいなくなっていました・・・。残念・・・いなくなっちゃうの早いですね。逆にミナミハナイカは色々なポイントで見られています。あの擬態のうまさには参ります。
明日もレンベの海をたくさん撮って貰えるように擬態を見破ってきます!



出ました!出ました!

今日は大判振る舞いの1日だったようです。
ポイントはNudi falls,Hair ball,TK1,Jahirでした。
朝1本目のNudi fallsでは熱々のヒョウモンウミウシ
hyoumonLOVE.jpg

激写!すごく良く撮れてたので頂きました。
そしてHair ballではお客様念願のゼブラバットフィッシュ!
TK1ではロン毛のヘアリーフロッグフィッシュ!
HairyT.jpg

最後の浅場でミミックオクトパス!
MimicT.jpg

このダイブはお客様のお迎えのため私は行かなかったんです・・・。
うぅ、いいなぁ。
写真は昨日に引き続きお客様のTさんに頂きました。

TK3

今日到着のお客様とナイトダイブへ行って来ました。
ポイントはTK3(Teluk kambahuという村の前)
この湾の中はTK1,2,3とレタックラリーの4つのポイントがあります。
レンベでも人気のあるポイントで何度潜っても楽しいところです。
エントリーしてすぐにテヌウニシキウミウシにウミウシカクレエビ付き、タカクラダツのペア、ウニをしょって歩くカニ、ホウボウ、ツマジロオコゼ、ハオコゼ、ヒメオニオコゼなどなど。
今日はスペシャルにオレンジの1センチ位の赤ちゃんカエルアンコウがいました。黒い砂にすごくかわいかったです。近づくと泳いで逃げ、おぉ泳げるんだと思わず感動してしまいました。写真は少しぼけていますが大きさが良く分かると思います。
irobaby.jpg

ちょっと遊び過ぎてしまいエアが・・・。
今日は1日、天気もよく星空がきれいでした。
私の知らない間にバンガイカーディナルフィシュの赤ちゃんまで撮っていたようです。
bangaibaby.jpg

良く撮れていたので頂いてしましました。
ありがとうございます。Tさん!

マガタマエビ

先日のナイトダイブのことです。
天気も良く水温も28度位、水面もとても穏やかでした。
日が暮れた6時にすぐ目の前のJahirへ行きました。
エントリーした所が5M位でそこは小石のようなエリアが広がっています。
ブリーフィングでは「15M位までスロープを下りていってゆっくりと戻ってきます」と言ったものの、動いた範囲はたった20Mか30M、最大深度は7M。
次々見えてくるので、お客様と2人そこから動けませんでした。
ハオコゼ、ボブズテイルスクイッド、ココナツオクトパス、えさを探しているウツボ、小さなエビたち、小さなカニたち、たくさんのウミウシ。夜ではないとなかなか見ないスギノハウミウシの仲間が・・・・たくさん居過ぎて書ききれないくらいです。
私はウニにカニが着いてないかな?とラッパウニやシラヒゲウニ、青いラインのきれいな黒いウニをひっくり返したり、くっついている葉っぱを剥がしてみたり。そして見つけたのがこれ!
magatama.jpg
マガタマウニです。
シラヒゲウニにいました。体長1センチ程で図鑑では見た事ありましたが直には初めて見ました。
器用にウニの棘の間をくるくると回りながら移動します。
写真は次の日の昼間に見つけまぐれで撮れたものです。
いい写真が撮れるまで暫く、ハマりそうです

成長日記

zebra20.jpg

先日アップした写真よりも大きくなり今は20センチを超えました。
体の模様も大分変わって来ました。
まだ同じポイントにはいるものの行動範囲も少しずつ広がっています。そして、反抗期?と言うべきかしつこく写真を撮っていると向ってきて威嚇の態度を示します。成長している証拠なのですね。
段々、巣立っていく日が近いのではないかど母親のように見守っています。
今回はお客さんのお言葉に甘え、私もカメラを持って行きたくさん撮りだめしてきました。たくさんいい写真撮らせて頂きました!少しずつアップしていきますね。

ニシキテグリ見てきました。

今日チェックインのお客様と夕方、ニシキテグリを見に行ってきました。
すごく浅いサンゴのガレがある所にエントリーしたときからもう何匹かがウロウロしていました。その内オスがメスを追いかけ始め、メンティング!その僅かな時間に何組みも。お客様は一人だったので私ともう一人のガイドに交互に呼ばれ写真を撮るのに忙しそうでした。
上がったらまだ月が出ていなく、南十字星がきれいに見えました。

昨日は満月

 昨日は大潮のせいか午後はよく流れていました。
1本目、Angels windowへ行ったときにボートからですがハシナガイルカの群れを見ました。レンベ海況で見るのは初めてでした。もう少し南下してくれるとリゾートからも見れるのになと思いました。
ナイトも流れて砂地にスティックを刺しながら進みました。なかなか内容は濃くピンク系のヘアリーフロッグフィッシュ、イロカエルアンコウ、ホウボウはもちろん、砂に埋まっていた大きなゾウリエビ、色とりどりのウミウシ。面白かったです。行く前は大きな満月が上がっていくところでしたが、リゾートの方に帰ってきたら雨が降っていました。
にわか雨で30分くらいですぐ止みました。雨のおかげで涼しくなってよかったです。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。