Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月27日のダイビング

朝は曇っていましたが、1本目戻ってくる頃には青空が広がり始めました。その代わりに今日は少し風があります。
今日はTanjung tebal、Aer prang、Hair ball、Hair ballの4ダイブ行っています。
Tanjung tebalは思ったよりもうねりが強く、マクロ撮影には難しい1本となりましたがそれにも負けず、カミソリウオ、ハダカハオコゼ、レンベもこのポイントでしか見ない黄色いクロスジリュウキュウウミウシのようなメンブロタ・メガロケラなどのウミウシが見られました。Aer prangでは最近見られていなかった赤のボロカサゴがいました。お客様は黄色のクマドリカエルアンコウも見つけたようです。バンガイカーディナルフィシュの群れを撮りたいというリクエストもここで応えられました。Hair ballでは黒のヘアリーフロッグフィッシュを探しにアカオニガゼを目掛けて行きました。いつもよりも遠く遠くにいて、私たちは毛の少ない個体だけを見て帰って来たのですが、外人チームはもっと先で見たとのこと・・・。見れるなら潜りたいということで急遽、4本目にもHair ballへ行き無事
080327hairy.jpg
ふさふさしたヘアリーフロッグフィッシュを見てきました。

スポンサーサイト

3月26日のダイビング

曇ったままの1日でした。雨も風も無いどんよりとした感じでした。
今日はNudi falls、Retak larry、Jahir2の3ダイブ行っています。
今日からのお客様は昨日まで3日間ブナケン方面で潜って移動してきたので、夜9時半頃リゾートに到着しました。今日から3日間レンベで潜ります。
早速、マクロが好きだというのでNudi fallsでウミウシをたくさん見てきました。今日はアデヤカウミウシがたくさんいました。その他にも数多く写真を撮るのに忙しい1ダイブでした。Retak larryはミナミハナイカとかわいい色のイロカエルアンコウ、1匹はエスカを振っていました。サラサハタの幼魚、大きなアオリイカが産卵しに来ていたりしました。Jahir2ではスパイニーワスプフィシュ、ヒメオニオコゼ、オラウータンクラブ、海草のようなクモガニ、ソデガラッパ、
080327oomon.jpg
今日も驚く大きさのオオモンカエルアンコウと黒のカエルアンコウが見られました。

3月25日のダイビング

080325hurisode.jpg
今日は朝から曇りがちで昼前から雨が降ったり止んだりしています。
今日は明日のフライトに備えPolice pier2、Sea glass、House reefの3ダイブ行いました。
もう一度、フリソデエビをしっかり撮りたいというリクエストにお答えしてPolice pier2へ。今日もDECOの出るぎりぎりまで粘ってフリソデエビを撮ってきました。
080325umiusi.jpg
コウシンウミウシという初めて見るウミウシもいました。Sea glassへは久しぶりに行ってみました。浅い方は小さな根が、少し深い方は大きな根がいくつか纏まってあります。大き目のイロカエルアンコウ、ワニゴチ、ヒメオニオコゼ、スパイニーワスプフィシュ、ハナヒゲウツボなどがいました。最終ダイブは浅場でゆっくりと思い、House reefで潜りました。
今日は夜にマナドの方のリゾートから移動のお客様があり、明日も朝からダイビングです。

3月24日のダイビング

今日は朝からいいお天気で気持ち良かったです。ですが、昼過ぎから雨が降ったり、夜には雷が鳴っていました。
今日はNudi retreat、House reef、TK3、Aer prang(ナイト)の4ダイブ行っています。
ウミウシ好きにはたまらないNudiの名の付くポイント、Nudi retreat。今朝は今までに見たことのない珍しいものを探しに。いつも行く方向とは違う方で遊んでみました。予想は裏切らない!
080324umiushi1.jpg
初めて見た黒のムカデウミウシ系。
シロウミコチョウや
080324umiushi.jpg
色の鮮やかなキベリアカイロウミウシ。2本目はHouse reefにもウミウシの多い場所があってそこへ行ってみました。TK3ではミミックオクトパス狙いで、結果はホワイトVオクトパス、ココナツオクトパス、メガネウオなど見られました。Aer prangへは日本人のお客様は行かれませんでしたが、私だけカメラを持ってついて行ってきました。
080324jaw.jpg
昼間はすぐ隠れてしまうジョーフィッシュを時間をかけて撮ってきました。

3月23日のダイビング

今日も朝は雨が降っていました。1本目帰ってくるときはもう止んでいました。
昨日いらした外人のご夫婦と4人のお客様です。Police pier2、Retak larry、Nudi falls、TK1(ナイト)の4ダイブ行っています。
人気者のフリソデエビは今日も2匹でいました。すぐ近くにオレンジのカエルアンコウ、黄色のイバラダツ、その後はシンデレラウミウシ、レンゲウミウシ、アデヤカミノウミウシなどウミウシ三昧でした。Retak larryではミナイハナイカの他に肌色のイバラダツ、黒のニシキフウライウオ、
080323kaeruanko.jpg
薄いピンクのつぶつぶ模様のカエルアンコウなどが見られました。そして、今日もNudi fallsへ。昨日よりは進めましたがポイントの半分くらいで充分遊べました。

3月22日のダイビング

今日も朝は雨が降っていました。昼ぐらいから明るくなってきました。
お帰りになるお客様が5人、今日は静かに日本人2人だけです。今日はNidi retreat、TK2、Hair ball、Nudi falls(サンセット)の4ダイブ行っています。
黄色いピグミーシーホースを探しに少し深場のウミウチワへ行きました。大きな個体なのですがウミウチワが大きく写真を撮るのは難しい位置にいました。TK2には昨日見れなかったクマドリカエルアンコウを探しに行ってきました。Hair ballでは黒のヘアリーフロッグフィッシュ2匹。見たのはついおとといなのにかなりの距離を移動していました。深いところのブイのロープにアオリイカが産卵しに来ています。5匹くらいいました。ウミウシ好きのお二人のためにNudi retreatへ。
080322toumon.jpg
小さなトウモンウミコチョウから
080322sarasa.jpg
マッチ棒のような触角のサラサウミウシまでたくさん!
じっくりと写真を撮りました。

3月21日のダイビング

朝は雨、昼は曇り、夕方になって明るくなってというお天気でした。まだ雨期が抜けきってないようです。雨があっても風が無いので寒くて!という感じではないのがありがたいです。
今日はTK2、Jahir2、Aer prang、House reef(サンセット)の4ダイブ行いました。
TK2は黄色のクマドリカエルアンコウとミミックオクトパス狙いで行きましたが、ウミウシなどマクロを撮っていた私たちのグループは場所を知ってるローカルガイドに置いて行かれクマドリカエルアンコウは見れませんでした。
080321kumadori.jpg
先に行ったチームからの写真です・・・。Jahir2もワンダーパスが出たという話を訊いて行って見ましたが人がたくさん・・・。オレンジのカエルアンコウの赤ちゃんとってもかわいかったです。海綿にいた茶色系のオオモンカエルアンコウは大きすぎて始めはみんな、何?おおっ!みたいなりアクションでした。すぐ近くにも黒っぽいカエルアンコウがいました。Aer prangではピンクのPaddle-flap scorpion fishと
080321umiushi.jpg
これまた色合いのきれいなコールマンウミウシの1種がいたり、黄色のハナヒゲウツボが2匹、黒の子供はたくさんいました。明日お帰りになるお客様はダイビングの後はマッサージ!やっとオープンしたスパのお部屋で皆さん寛がれていました。
ディナーの時に1ダイブ目で400本記念ダイブをお友達5人と迎えられた方にケーキでお祝をしました。
お写真は先にいらしたお友達に合流、昨日と今日の2日間のダイビングであっという間に終わってしまった、仲良し3人組のお二人から頂きました。

3月20日のダイビング

朝から青空が広がっていました。水温も29から30度と安定しています。
今日はPolice pier2、Hair ball、TK3、Jahir(ナイト)の4ダイブ行っています。
日程の関係で今日まで取っておいたフリソデエビを見にPolice pier2へ。場所が変えられていたため探すのに少々手間取りましたがちゃんとペアで見ることができました。ウミウシやミズガイのペアやカエルアンコウなど撮りたいものがたくさん!だけどDECOがでるー!と葛藤の1ダイブでした。続くHair ballへはヘアリーフロッグフィッシュを探しに。既にボートが2艘入っていましたが、やっぱり見たいものは見たい!人もたくさんいたダイブでした。
080320hairy.jpg
ヘアリーフロッグフィッシュは黒が2匹、1匹はヘアリーなの?と言われるくらいちょっとしか生えていませんでしたが。さずがに6人で囲んで撮っていると巻き上がった砂がヘアリーフロッグフィッシュに降り積もっていました。砂が細かいのでフィンキックには気を使わなければなりませんね。TK3にもヘアリーフロッグフィッシュがいるという話ですが見当たりませんでした。このダイブの目的はミミックオクトパス探し!こっちも見当たらず、代わりにココナツオクトパスがいました。今日はナイトダイブをということでJahirへ。エビ、カニ、ハオコゼ、コチ、イカの赤ちゃん、群れているウミウシ、珍しくウミテングのペアなどてんこ盛り。みなさんそれぞれでも結構探して見ていたようです。

3月19日のダイビング

1本目行く時は、強いスコールでどうなることかと思いましたが、戻ってくる頃には青空が見えすっきりとしたお天気でした。
今日はAngels window、Aer prang、Retak larry、Damisa point(ニシキテグリ)の4ダイブ行いました。
お客様の地形が好きというリクエストにお答えしてAngels windowへ行ってきました。天気の関係もありちょっと暗かったですが、レンベの唯一と言ってもいい地形ポイントを楽しんで頂けたようです。リーフの上では大きなミズダコが岩の下を出たり入ったりしていました。Retak larryへはミナミハナイカがいたという話を聞いて行ってみました。大小2匹のミナミハナイカとシャーベットオレンジのような色のイロカエルアンコウなど見ました。新しく到着されたお客様も一緒にニシキテグリを見に行きました。思ったより流れていました。ニシキテグリはオスがメスを追いかけているものの求愛行動はせずに眠りについてしまいました。今か今かと待っていたのに急に静かになり・・・こんな日もあるのですね。

3月18日のダイビング

今日も朝からいいお天気。さすがに14人もお客様がいらっしゃると活気がありますね。
2艘は外人で1艘は日本人と3艘に分かれてダイビングを行っています。
Nudi retreat、Jahir1、Nudi fallsの3ダイブ行いました。
まずは目も慣れていないので見やすいものからと思い、Nudi retreatにしました。タツウミヤッコやピンクスクワットロブスターやウミウシ、ウコンハネガイとのんびり潜りました。途中で他のショップも来てダイバーだらけでした・・・。2本目はレンベらしいマックダイブをと思いJahirへ行きました。ハリセンボンの色々な寝姿やハゼ類、大きなオオウミウマ、スパイニーワスプフィッシュ、卵を持ったゼブラガニを観察しました。Nudi fallsは少し流れていました。ゴールドスペックジョーフィッシュ、チョウチョウコショウダイの幼魚、イロブダイの幼魚、シモフリタナバタウオもちろんウミウシ、
080318kai.jpg
今年も浅場に赤いきれいなキネヅツミガイが出てきました。

3月17日空港へお迎え

今日はマナドでお買い物をしてから、お客様を空港でお迎えしてきました。
月曜日ということもあってか街の入り口は車がいっぱいでした。新しくできたショッピングセンターで食材の買出しをしました。Whole mealのパンはまだここでしか売ってないそう・・・レタスはやはり輸入物なのか日本では並んでいないような傷んだものばかり。やっとひとつ見つけて買いました。付け合わせと思って残したらとてももったいないものだったんだと自覚しました。サニーレタスには「新鮮野菜」と書いたおなじみの緑のテープのものが並んでいました、どこから来たのでしょう?
お天気は午前中はよく晴れていて午後から降りそうな雨雲がありましたが、雨は降りませんでした。
今日はダイビングはなし。明日から潜ります。

3月16日のダイビング

起きてみたら雨が降った跡が。でもそのお陰で朝から青空が広がっています!
私は午後にチェックインしてくる外人のお客様が来るまではフリーということで、早速午前中はハウスリーフで潜ってきました。
久しぶりに水のきれいなのにびっくり。ダイビングボートの下にはアジの群れ、ツバメウオの若魚が2匹いて、下から魚、ボート、太陽の光を入れたら雑誌にでも載ってそうな気がしました。サラサハタの幼魚も1週間で大分成長していました。アカククリの幼魚も体の真ん中が白っぽくなってきていました。先日見つけたトウモンウミコチョウを探しにそそくさと!早速、目的の根へ。探せども見つからず・・・。カメラがあるとやっぱりオーラがあるのでしょうか。また時間を見つけて探したいと思います。
結局、午後に来たお客様は今日はダイビングをしないということで、準備だけして終わってしまいました。明日は日本人のお客様をお迎えに行ってきます。

3月15日のお天気

今日は私はマナドの方からの移動のみで潜っていないのですが、お天気の情報をお届けします。
マナドの方では時折、強いスコールそして晴れと忙しい天気でしたがここレンベでは降っていないそうです。風も無く、桟橋から見る水も澄んでおり、さぁ明日から潜るぞという気にさせてくれます。
昼間に雨がない分、夜遅くに雷がゴロゴロ言っていました。

3月8日のダイビング

080308batfish.jpg
今日は朝方雨があったようです。起きたら地面が濡れていました。すっきりとは晴れずうす曇の一日となりました。
お客様は今晩の出発なので本日はダイビングは無し。私は久しぶりにカメラを持ってハウスリーフで潜って来ました。今日はうねりがあり陸に近いほうは濁って・・・コンパスをたよりに4M位まで行くと視界が開けていました。うねりのせいかハゼ類は少なかったのでウミウシをメインのダイビングとなりました。思わぬ所からアカククリの幼魚が出てきたり、ツバメウオの幼魚が落ち葉のように佇んでいたり面白かったです。

3月7日のダイビング

今日は雨が昨日より遅い時間に降り出したのか、止むのも昨日より遅く風もあまり吹いていなかったので晴れてくるのも時間が遅く昼くらいから日が差していました。
今日はPintu Kota、Nudi retreat2、Retak larryの3ダイブ行っています。
Pintu Kotaへは初めて私も行きました。レンベリゾートの島のすぐ近くの島の前にあります。意味はPintu(扉、入り口)、Kota(市、市街)という意味です。砂地のスロープに小さな根があります。ゴールドスペックジョーフィッシュがいたり、色々なハゼを観察したり。ハゼは種類が多くヤマブキ、ツマグロサンカク、オバケインコ、ジュウモンジサラサ、ホホスジシノビ、カニハゼなどどこを見ても楽しめました。浅いほうのエダサンゴの間にはマンジュウイシモチやバンガイカーディナルフィシュの子供が群れていました。Nudi retreat2はいつも行く反対側に行ってみました。一応、ピグミーシーホース狙いだったのですが・・・思ったより流れが強く岩の影でフジナミウミウシやバブルコーラルシュリンプや大きなミズダコなどを見ながら潮の流れてない所へ進み、浮上間際に水面近くにいる10匹くらいのアオリイカの群れを見ました。今日は最終日なのでレンベの色々なダイビングを楽しんで頂こうと3ダイブ目はマックダイブにしました。黒い砂地は宝の山。レンベの楽しさの総集編でした。

3月6日のダイビング

夜中から朝にかけて雨が降っていましたが、1ダイブ終了した時には青空が広がっていました。夜まで雨もなく、心地よい風が吹いていました。
今日はPolice pier2、Hair ball、TK2、Jahir(ナイトダイブ)の4ダイブ行いました。
Police pier2のフリソデエビのペアにはなんと子供がいました!今日は仲良く3匹並んだりして微笑ましい風景でした。その後は流れていてちょっと移動が大変でした。最近行ってなかったHair ballへ様子を見に行こうということでエントリー。どういうことか、真っ白の毛の無いヘアリーフロッグフィッシュが何も無いところにポツンと。浅い所のウニエリアには黒のヘアリーフロッグフィッシュがペアで!どの個体も大きくなぜ長い間見つかってなかったのか不思議です。ナイトダイブではココナツオクトパスやボブズテイルスクイッド、エビたちカニたちをたくさん見ました。昼間は60分で上がっているのに、楽しくてあっという間に75分!潜ってしまいました。

3月5日のダイビング

080305mantis.jpg
今日は朝からいいお天気でした。
TK3、Jahir2、Nudi falls、Damisa point(ニシキテグリ)の4ダイブ行っています。
午前中2ダイブは黒砂の広がるマックダイブ。ミナミホタテウミヘビは鼻だけ出して呼吸していました。Jahir2にはスパイニーワスプフィッシュが3個体も。どれも落ち葉のように横に平らになっていました。Nudi fallsでは入ってすぐの所でモンハナシャコがたくさんの卵を抱えていました。
チョウチョウコショウダイの赤ちゃんから若魚まで数多く、最後は船の下のイワシ?の赤ちゃんの群れに圧倒されつつ、支持棒を振って群れで遊んで浮上しました。少し入ったのが早かったのですが、よく見ているとニシキテグリはいつもの根の下のほうにいて段々根に上がっていく事が分かりました。これもやはり本能の高いところの方が遠くまで子孫を移動できるということなのでしょうか?

3月4日のダイビング

080304huukei.jpg
 今日は朝から青空が広がっています。雨なしの1日でした。
 Nudi retreat、Tandu rusa、Aer prangの3ダイブ行っています。今日はエクジットした時に他のショップが来たので静かなNudi retreatでした。いつの間にかいなくなっていた白いオオモンカエルアンコウが場所を変え何食わぬ顔していました。Tandu rusaではイッポンテグリの幼魚とゼブラガニを見ました。シーズンがあるのかここ最近見られていなかったので嬉しかったです。セミホウボウも小さいサイズが多く被写体に最適です!ダイビングの終わり頃5Mくらいの所できれいなカニが歩いてくる!と思って良く見たらヤドカリ(本体のみ)。来た方見ると同じ種類のヤドカリが宿(貝)を物色中。なんと追い出されてしまったようです。物色しながら1度は入ってみるものの居心地がいまひとつ、自分の宿に戻ったり。追い出された方もまだ未練があるらしく遠巻きながら自分の宿の行く末をはらはらと見ていて、ヤドカリ世間も厳しいんだなぁと思いました。Aer prangでは赤のカエルアンコウ、ハナヒゲウツボは黄色が1匹、黒が3匹とたくさん見れました。

3月3日空港へお見送りとお迎え

 晴れそうで晴れない、うす曇。
今日はダイビングは無くお客様と空港へ、そして新しいお客様のお迎えに行きました。今日も飛行機が着く頃になって雨が、それも強い!そして雷・・・。飛行機は少し遅れて到着しました。お客様の話だと上空でぐるぐるまわって待っていたようだったよとのこと。リゾートに着いたら雨の気配はなく、不思議な天気でした。

3月2日のダイビング

 今日は朝から曇りがちで、昼ごろから雨が降ったり止んだりしていました。
明日、お客様が帰るため今日はAngels window、Makawideの2ダイブでした。Angels windowは心配していたうねりも無く、透明度もよく、流れも無く、トンネルもきれいでワイドに最適な1ダイブでした。Makawideへは頼みのピグミーお正月くらいから居た赤いピグミーを探しに行きましたが、ここでも惨敗。どこに行ったんでしょう・・・?ミナミハコフグの子供やコロールアネモネシュリンプのペア、ミヤケテグリそして最後にバンガイカーディナルフィシュの群れを見て最終ダイブを終えました。午後はゆっくり今まで撮ったビデオを見たりしました。

3月1日のダイビング

 今日も天気がよく、雨もありませんでした。段々透明度が上がってきています。
 今日もNudi retreat、Letak larry、TK2、House reefの4ダイブです。朝一は人気のあるNudi retreatへ行き、タツウミヤッコ、ピンクスクワットロブスター、ウミテングのペア、ウコンハネガイを見ました。あのブイのすぐ近くにいたピグミー、そして壁の所のピグミー共にいなくなっていました・・・。TK2ではニシキフウライウオの黒のペア、ホウボウの子供、ハタタテガレイ。House reefでは1センチに満たないかわいいイッポンテグリの赤ちゃん、ココナツオクトパスなど観察しました。

2月29日のダイビング

 今日は朝からすっきりと晴れました。朝ごはんを持って、少し遠出のDante‘s wall、Pulau putus、TK3、House reefの4ダイブ行いました。
 久しぶりに行ったDante‘s wallでは透明度の良さにうっとり。地形もどちらかというとブナケン島で潜っているのを錯覚しそうな感じ。ですが、今日はうねっていました・・・。かわいいクダゴンベがペアでいたのですが、写真やビデオはもっての外というくらいうねっていました。朝ごはんのサンドウィッチをPulau putusで食べ、私たちはもうあのうねりは大変だ!ということになってそのままPulau putusで潜りました。コモンシコロサンゴの広がるのんびりしたダイビングをしました。ゴールドスペックジョーフィッシュが口を大きく開けて威嚇?してきたり、穴をふさぐ作業を観察したり1匹で長いこと楽しみました。TK3では久しぶりにかわいいミナミハナイカの子供を見れました。
080301franboyan.jpg
3センチくらいの個体です、暫く見れるといいなぁ。

2月28日のダイビング

 曇りがちの1日でした。昼過ぎに強いスコールが1回だけありました。水温は29度と安定しています。2週間前の透明度とは打って変わって水もきれいです。
 今日はNudi falls、Police pier2、Aer prang、House reefの4ダイブ行っています。Police pier2はちょっと流れていました・・・。今日のフリソデエビはヒトデをくわえていました。「誰にもあげないよ!」という感じでくわえたままずっと後さずり。2匹一緒に寄せようとするともう1匹にヒトデを盗られるんじゃないかと懸命になっているように見えました。ちょっと青かぶりしていますが、面白かったので写真載せてみます。
080229furisode.jpg
Aer prangではボロカサゴを見に行きました。今日は一緒ではなく、赤い方が少し離れた深い所に移動していました。サンセットに入るHouse reefですが、昨日と同じ場所で成すがままに揺れているスパイニーワスプフィッシュ、ホワイトVオクトパス、食べれそうなアオリイカなど観察しました。

2月27日のダイビング

午前中はすっきり晴れていましたが、飛行機が到着する頃になって雲行きが怪しく・・・。来る途中は土砂降りの所もありましたが、リゾートに来て見ると小雨程度のお天気でした。
 早速、チェックダイブを兼ねてゆっくりとHouse reefで潜ってきました。久しぶりに私もHouse reefに入ったのですが、以前に比べサラダに使えそうな海草がたくさん増えていました。その海草に混ざってツバメウオの幼魚がいたりしました。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。