Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月21日のダイビング

朝は晴れていましたが、午後からスコールがありました。水中はサーもクラインが見え冷たいところは27度でした。
Police pier2、Nudi falls、Hair ball、Damisa point(ニシキテグリ)の4ダイブ行っています。
Police pier2ではフリソデエビの親子、オレンジのイロカエルアンコウ、ウミウシ、メタリックシュリンプゴビー、ハナヒゲウツボ、バンガイカーディナルフィッシュの群れなど見ました。Nudi fallsは少し流れており壁沿いに進みました。タツウミヤッコの子供がどこからともなくお客様の間を泳いでいてびっくりしました。シモフリタナバタウオも見られました。Hair ballは行ってみたらとても込んでいました・・・。かなり離れた所からエントリー、200ダイブのお祝い記念撮影をして少し進むとなんと暫く見られていなかった毛の長いヘアリーフロッグフィッシュの黒がいました!8人揃ってニシキテグリを見に行きました。いつも見ている根は小さすぎるので隣のガレ場と分かれて観察しました。今日はあちこちで結婚式という感じでたくさん見られお客様にも喜んで頂けました。
スポンサーサイト

4月20日のダイビング

昨日とは打って変わってのいいお天気!夕方からはスコールがありました。
Nudi retreat、Aer prang、Retak larry、Jahir(ナイトダイブ)の4ダイブ行っています。
まずはNudi retreatへ。タツウミヤッコがいつも見る黄緑の個体の他に茶色の個体が2つ見られました。黄色のクマドリカエルアンコウ、ピンクの赤ちゃんオオモンカエルアンコウも健在でした。Aer prangでは豪華ボロカサゴ2個体、ゼブラバットフィッシュの子供が見られました。Retak larryへはミナミハナイカを探しに行きました。イバラダツ、ピンクのイロカエルアンコウ、バイオレットボクサーシュリンプなどは見れたのですがなかなか見つからず・・・。最後の最後に見つかりみんなで撮影し浮上しました。レンベ来たからにはナイトも楽しまないとと言うことで定番のJahirへ。ココナツオクトパス、コガラシエビ、最近ご無沙汰していたボブズテイルスクイッドまであっという間の70分でした。

4月19日空港へ

今日は空港へお客様のお迎えに行ってきました。8名のショップツアーです。
朝はいいお天気だったのに空港を出るくらいから雨が・・・。マナドの方だけかな?と思っていましたが今日はれんべの方も降っていました。
リゾートは全部で17人のお客様と満員に近いお客様。ボートも明日から3艘、明日の準備をしたりして今日は明日に備え早めに寝ます。

4月17日のダイビング

朝から青空が広がっていましたが夕方からスコールがありました。
Kapal inda、Makawide、Aer prang1(ナイトダイブ)の午後の1ダイブを抜いた3ダイブを行っています。
ビィトゥンの町が見えるKapal Inda訳すと美しい船という意味なのですが、果たして沈潜が美しいものなのか・・・・?私の中ではゴルゴニアンシュリンプ狙いで行ったのですが、ウミウシ好きのメンバーではやっぱりウミウシのオンパレード。数多くのミゾレ、ヒブサミノ、アデヤカ、クロスジリュウグウウミウシなどなど。浅いところではきれいな青したハナヒゲウツボの成魚を見ました。1ダイブ目で時間を取ってしまったので2ダイブ目はすぐ近くのMakawideへ白い20センチくらいのオオモンカエルアンコウ、ソフトコーラルにはテンロクケボリガイが家族のように8コもかたまっていました。ナイトダイブは流れててなかなか大変でしたが大型のウミウシのヒトエガイ、ビン入りのココナツオクトパスなど見られました。

4月16日のダイビング

朝からいいお天気で、南風が少し吹いています。水温は変わらず29度あります。
今日はHair ball、TK1、Jahir1(ナイトダイブ)という午後の1ダイブをお休みして3ダイブ行っています。
Hair ballには毛の少ない方のヘアリーフロッグフィッシュの黒がいました。それを撮影しているときに遠くからもう1人のガイドが呼んでいるので行ってみるとなんとミミックオクトパスが!先に撮影し離れてしまった後で外人チームが撮影しているときにミミックが何者かに食べられあっという間に砂の中に引き込まれて行ったそうな・・・。あがってきて見た人たちは信じられない・・・とつぶやいていました。久しぶりに行ったTK1ではまた見たこともないソフトコーラルそっくりのウミウシ、大きさは10センチちかくあり黄色っぽかったです。パロンシュリンプ、イソギンチャクモドキカクレエビなど撮影しました。ナイトダイブではコガラシエビ、ピンクのイロカエルアンコウ、ヒブサミノウミウシなどが見られました。

4月15日のダイビング

今日は晴れたり曇ったりしていました。
私の乗ったボートはCritter hunt、TK2、Jahir2、ナイトダイブの4ダイブ行っています。
Critter huntでは深いところのごみごみとした中に見れば見るほど何かが出てくるという感じで今日はオオモンカエルアンコウの子供を見つけました。大きなウミトサカには白いウミタケハゼがいたり毎日新たな発見があります。TK2では2匹のオレンジ色のイロカエルアンコウ、緑系にいろんなゴミがくっ付いた様な顔だけ撮っても絵になるオオモンカエルアンコウがいました。Jahir2は流れてましたが、カミソリウオのペア、私もはじめて見たソフトコーラルの模様そっくりのカクレエビ!写真撮ったのに私のPCが動かなくなりその中に入ったままでお見せできないのが惜しい!また探して写真撮りたいと思います。

4月14日のダイビング

 今日は曇ったままの1日でした。
私は窒素が溜まっていて直ぐにDECOが出そうになるのでAw shuck、Aer prangの2ダイブのみしています。他のお客様は3ダイブ、4ダイブ行っています。Aw shucksでは前回見た白い小ぶりのオオモンカエルアンコウはいなくて、少し深い所に大きなオオモンカエルアンコウ、バサラカクレエビなど見ました。Aer prangへは昨日の夜ナイトダイブに行ったチームからの情報でゼブラバットフィッシュを探しに行きました。いました!まだ10センチもないかわいい個体です。この魚が出てくると言うことはもう乾期に突入したということでしょうか。

4月13日のダイビング

 おぉ、いよいよこの季節がやってきた!と言う感じで青空が広がり南風が強い乾期の典型的な天気でした。3本目はスコールがありました。
 Critter hunt、Nudi falls、TK2、Pante Parigi(ナイト)の4ダイブ行っています。先日見た珍しいウミウシを探しに行ったのですが・・・もう同じ場所にはいませんでした。その代わりに水が冷たくなってくると出てくるツノザヤウミウシやセンヒメウミウシがいました。Nudi fallsは流れがあり、壁に沿って遊びました。一緒に潜っているアメリカ人がとてもウミウシに詳しいので色々、教えて頂き勉強になる毎日です。TK2では大きなスパニッシュダンサーが2匹もソフトコーラルの裏に隠れていました。大きすぎてどう撮っていいか・・・。段々窒素が溜まりぎみで長く深いところにはいられず、途中からは一人でした。ナイトダイブではまたまたヒトエガイ(顔?のアップで撮ってみました)、ソフトコーラルそっくりのウミウシ、イバラダツもいたそうです。私は途中でDECOが出てしまい、浅い所でミミズクガニを見たりしました。写真に撮ったのは初めてだったので嬉しかったです。

4月12日のダイビング

 朝から曇っていて雨が降ったりしていましたが、午後からは晴れ間が広がっています。
 Nudi retreat、Nudi retreat、Police pier2、Aer prang(ナイト)の4ダイブしました。ボートは2ボート出ていますがみんな外人さんです。
 ウミウシ好きが集まった私のボートは2ダイブ続けてNudi retreatへ。黄色いブチウミウシのようなのを見つけました。黄色のクマドリカエルアンコウも壁にぴったりと張り付いていました。午後、Critter huntへ行ったらボートが既に2艘いたので変更してPolice pier2で潜りました。3本目なので深くは行かず、浅い所で遊びました。ナイトダイブでは子供のメガネウオ、ヒトエガイという大型のウミウシ、ぴったりくっついた2匹のカニなど流れも無くゆっくりと観察できました。

4月11日のダイビング

 今日も昨日に引き続き、晴れ間とスコールの繰り返しで、午後は曇ったままでした。今日は4人の日本人のお客様がチェックアウトされ、9人の外人がチェックインしてきます。今日のダイビングは日本人のお客様が来る前から潜っていてまだ滞在中の2人のアメリカ人のみです。ウミウシ探しに私も出かけてきました。
 今日はTanjung tebal、Critter hunt、Jahir2、Retak larry(ナイト)の4ダイブ行っています。Tanjung tebalは流れが強いことが多いのですが今日はコンディションも良くうねり、流れなしでした。ウミウシ好きなので2日続けて行ってきましたCritter hunt。ツノザヤウミウシを始め珍しい系のウミウシがたくさんいました。マネージャーのヌースも久し振りに一緒に潜りましたがさすが!私も水中では初めて見るきれいなTakako’s trapaniaを見つけてました。4匹の家族?でした。少し前にお客様が雑誌を見ていてこんなウミウシ見てみたいと言ってたのがこれで、バリで撮られた写真だったのでレンベにもいるんじゃない?なんて話していたのですが・・・本当にいるなんて、感激。Jahir2へはオオモンカエルアンコウを見に行きました。お客様はあんぐり大きな口を開けたショットを収めていました。ニシキウミウシにウミウシカクレエビが乗っていたり、ソフトコーラルの上のペリクリメネスがいたり、内容の濃い1ダイブでした。ナイトダイブはメガネウオ、大きなアオリイカ、ニシキウミウシのウミウシカクレエビ付!ナイトだとエビの目も大きく見えるのは気のせいでしょうか?なんかかわいいですよね。

4月10日のダイビング

 今日は晴れたりスコールだったりと忙しい天気でした。そのお陰もあってAngels windowへ向かうときに大きな虹を見ることができました。
 Angels window、Curitter hunt、Aer prangの3ダイブ、私は外人のお客様とナイトダイブに行ってきました。最終日のリクエストにニシキフウライウオと言われましたが今、見れているポイントに心当たりが無く、可能性のあるAngels windowへ。ニシキフウライウオは見つかりませんでしたがイボイソバナガニ、スミレナガハナダイ、大きなミズダコ、オビテンスモドキの幼魚など見られました。Curitter huntへは本当に久しぶりに行きました。少し急な砂のスロープに下の方がごみごみとした感じで黄色いジョーフィッシュ、バブルコーラルシュリンプなども見ましたが今日は主にウミウシダイブとなってしまいました。
080407sesuji.jpg
ミノウミウシの中では一番良く見ますが、色合いが好きでいつもとってしまいますセスジミノウミウシ。最終ダイブにAer prangへボロカサゴを探しに行きました。つい何日か前は1固体しか見れませんでしたが、今日は2個体見つけることができました。ただ、ダイバーが次々と入ってきてとても混んでいました。ハナヒゲウツボも黄色と黒がいました。
お写真は5日とちょっと長めのダイビングを楽しんだご夫婦でカメラを変わりばんこにカメラとアシスタントをしていました。初めてと言いながらいい写真がいっぱいでびっくり。10枚も頂いちゃいました。フリソデとヘアリーの写真は別のお客様から。こちらもかわいく撮れています!ありがとうございました。

4月9日のダイビング

 今日は朝から雲が広がって、薄く晴れたりするのですがすっきりとしないお天気でした。
Police pier2、Hair ball、TK3、Aer prang1(ナイト)の4ダイブ行っています。今日のフリソデエビは親子の2匹でした。
080407hurisode.jpg
よく見ると、ヒトデを咥えています。ともう一匹は
080409hurisode.jpg
写真だとどっちが小さいか分からない・・・ですけど、子供はまだ色も薄くかわいさたっぷりです。浅場ではハナヒゲウツボの幼魚、成魚を見ました。Hair ballへはヘアリーフロッグフィッシュを探しに。前回の見れなかったことを反省にアカオニガゼの終わりまで行ってみました。が、ウニは大群になっているのに見当たらず・・・。戻ってくる途中で毛のちょびっと生えたほうの個体を見ることができました。
080409hairy.jpg
探すのに時間を取ってしまい深くは行かず、浅めのダイブとなりました。TK3ではメガネウオ、ホウボウ、大きなメリベウミウシ。ナイトではもう行くポイントが無くなったということで私も初めてのAer prangの桟橋の反対側で潜りました。
080407iso2.jpg
今日もいましたイソカイカムリ、モズクショイ、コガラシエビ、大きなシロハナガサウミウシ、ミナミホタテウミヘビの全身、シロヘリウツボなど見ました。今日はどのダイブも80分近いものばかりで指もふやけっ放しです。さて、明日は日本人のお客様は最終日。どこに行きましょう?

4月8日のダイビング

 今日も昨日と同じようなお天気で朝から青空、夕方は雨がぱらつきました。昨日、到着のお客様も加わりポイントを決めるのに意見がまとまらず難しいです。
 結局、Batu sander、Nudi retreat、Retak larry、Pantai parigi(ナイト)の4ダイブ行っています。Batu sanderはレンベ島側のポイントでちょうどTKの湾の向かい側くらいにあります。地形が段々畑のような感じになっていて、ウミウシ(写真はミチヨミノウミウシ)やカミソリウオなど見ました。
080407michiyomino.jpg
浅いところはうねりが入っていました。Nudi retreatはリクエストのピグミーシーホースをはじめ、タツウミヤッコ、ウミテングのペア、ムチカラマツエビ、ピンクスクワットロブスターそしてあっという間にいなくなったイソコンペイトウガニ。食べられちゃったのでしょうか・・・。お客様の撮影後、3分もしないうちに戻ってみると影も形もないんです・・・。お客様ももう一度撮っておこうと戻ったときも居なかったと言っていました。Retak larryはもりだくさん!本命のミナミハナイカがなかなか見つからず冷や冷やしましたが、探してる途中にガイドのアリがミミックオクトパスを見つけたのでした!
080407mimic.jpg
写真やビデオモードで動画に収めたりしました。その後、時間も50分を過ぎていたので私は諦めかけ浅場へ移動してる時にまたもやアリが少し離れたところでミナミハナイカを見つけたのでした。その他に2匹のイロカエルアンコウを見たりと内容の濃い1ダイブでした。更にナイトダイブでは
080407coconuts.jpg
ココナツオクトパスのビン入り卵持ち、
080407baby.jpg
カエルアンコウの1センチも無い赤ちゃん、黒の毛のないヘアリーフロッグフィッシュ、ゾウリエビなどこのダイブももりだくさんでした。

4月7日のダイビング

 今日も朝から青空が広がっています。夕方にはスコールがありました。水温は29度、透明度も安定しています。
 今日はAw shucks、Aer prang、Tandu rusa、Jahir1(ナイト)の4ダイブ行っています。久しぶりに行ったAw shucksでは白っぽい20センチ位のオオモンカエルアンコウ、とてもシャイなリングアイジョーフィッシュを見ました。Aer prangのボロカサゴは
080407boro.jpg
今日はピンクの個体のみでした。少し流れていたTandu rusaではカミソリウオのペア、イッポンテグリの赤ちゃん、ワカヨウジの3センチ位の赤ちゃん、ウミウシなど見ました。ナイトダイブではココナツオクトパス、ツマジロオコゼなど見やすいものから
080407iso1.jpg
カイメンを被ったイソカイカムリなど小さなエビカニまで楽しみました。

4月6日のダイビング

 朝からいいお天気です。先に来ていた外人のお客様のリクエストで今日は少し遠出をしてきました。
Dante’s wall、Jico yansi、Nusi falls、Damisa pointo(ニシキテグリ)の4ダイブ行いました。レンベ島の北の方のポイントです。天気がいいので透明度もいいのですが、うねりが・・・。いつ行ってもうねっています・・・。ですが、クダゴンベのペアやピグミーシーホースなどうねりに負けずに撮ってきました。Nudi fallsでも流れがありましたが、じっくり進んでゆっくり写真を撮れるようにしました。ウミウシたち、ミヤケテグリ、
080407cyocyo.jpg
チョウチョウコショウダイの赤ちゃんから若魚まで見られました。Damisa pointへは5時に出かけたのですが少し早かったのかまだ動き始めたばかりという感じだったので、少し根の周りで遊んで戻ってみるともう既に求愛行動が始まっていました。それでも6回くらいは見れたのではないでしょうか。

4月5日お客様お迎えに

今日は午前中は風も無く、日差しも強く暑いと感じましたがお昼を過ぎた頃から黒い雲が広がり始め・・・空港を出る頃はパラついて、途中ではスコールでした。
リゾートに到着すると少しだけ雨があったよう。
日本人のお客様は明日からのダイビングなので今日はゆっくりです。
今はお客様が少ないので外人と一緒のボートで潜りに行きます。

3月29日は飛行機ディレイでした

今日も10時くらいから青空が広がっています。昨日、今日の飛行機がディレイになったことを知ったので今日はゆっくり器材を乾かすことができました。
13時45分発のはずが18時発に変更ということで、リゾートからの出発も14時。お昼ごはんはリゾートで済まされてからの出発でした。成田までのお客様だったので乗り継ぎ便には間に合うのでよかったですが、いきなり変わるなんて!という感じですよね。
私は午前中、ハウスリーフで潜ってきました。水面はゴミがたくさん浮いていますが透明度も良くぼーっとしているのも良いなぁと思ってしまいました。ですが、カメラを持って入ったからには撮らなければと小さな被写体と格闘してきました。
空港へは16時前に到着、お客様は帰国の途に着きました。私は2週間ぶりのお休み!マナドに戻ります。

3月28日のダイビング

今日は朝から青空で気持ちのいい1日でした。
明日お帰りになるので、Police pier2、Batu sander、Nudi retreatの3ダイブ行いました。
Police pier2の目的はやはりフリソデエビ、
080327furisode.jpg
今日はオレンジのイロカエルアンコウ、黄色のイバラダツなど近くで見れました。少しずつ深度を上げながらシンデレラウミウシやウミウシカクレエビなどを観察。浅場でバンガイカーディナルフィシュの群れ、ハナヒゲウツボの幼魚など見ました。2ダイブ目はNudi retereatへ行きたかったのですが、行ってみたら既にボートが。人数を聞いてみると15人プラスガイドとの答え・・・。諦めて向かいのレンベ島にあるBatu sanderへ行きました。多少うねりがあったものの、イボイソバナガニ、ムチカラマツエビのペア、アカフチリュウグウウミウシ、クロスジリュウグウウミウシ、ゴールドスペックジョーフィッシュなど観察しました。3ダイブ目はさっき行けなかったNudi retreatへ。今度は誰もいなくてゆっくり潜れました。ウミウシやタツウミヤッコ、イソコンペイトウガニを見た後、浅場でウコンハネガイ、最近見られてなかった黄色のクマドリカエルアンコウが大きくなって壁に張り付いていました。最後はかわいいサイズのPapuan scopionfishをお客様が見つけ、見て(こんな時にバッテリーが無くなるなんて・・・と嘆いていらっしゃいました)浮上しました。
この3日間の写真はお客様に頂きました。ありがとうございました。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。