Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月22日のダイビング

今日も朝は曇っていましたが1本目終わる頃には青空が広がりました。
明日、チェックアウトのためNudi falls、Tandu rusaの2ダイブ行いました。
Nudi fallsではイガグリウミウシ、キイロイロウミウシ、アデヤカミノウミウシ、セスジミノウミウシ、アカフチリュウグウウミウシなどウミウシ三昧でした。最後はちょっと数が減ってきましたが
080622kai.jpg
きれいなベニキヌヅツミガイを見ました。Tandu rusaはお客さんの耳の抜けがあまり良くなく浅い所でゆっくりと窒素抜きのダイビングという感じでした。じっくりハゼ類を久しぶりに観察できて楽しかったです。
スポンサーサイト

6月20日のダイビング

今日も晴れていますが風は一層強さを増しています。
Hair ball2、TK2、TK3、Aer prang1(ナイト)の4ダイブ行っています。
久しぶりに見ました。1本目のHair ballでごみごみとしたスポンジ類のかたまりの下に入り込むようにしていました。
080620shark.jpg
こちらではこのイヌザメとサンゴトラザメの2種類のサメがたまに見られます。TK2ではオレンジのイロカエルアンコウ、サビウツボと一緒にベンテンコモンエビとアカシマシラヒゲエビがいたりヒレナガネジリンボウを見ました。続くTK3は珍しいもののオンパレード!まずは
080620hanaika.jpg
ミナミハナイカ!外人のお客さんのリクエストでしたが私が見つけました。
080620trapania.jpg
これは初めて見ました!ネコジタウミウシ科なのですがネットで調べるとバリで見つかったTrapania miltabranchaというものだと思います。
080620tsuno.jpg
ツノカサゴを斜め上から撮ってみました。ペアと1個体の計3個体見られました。
ナイトダイブでは綿帽子を被ったような
080620kani.jpg
イソカイカムリです。綿帽子のようなのはチャツボホヤ。見方によっては押し潰されているようにも見えますね。

6月18日のダイビング

今日は朝から青空が広がっています。
空港へお客さまのお迎えに行ったときにサーッと雨がありましたが、スコールらしくありませんでした。
リゾートへ到着後、ハウスリーフでゆっくりと体慣らしのダイビングをしました。
080618umiushi.jpg
夜の方が見られやすい気がします、ヒブサミノウミウシ。
セミホウボウ、ソフトコーラルに隠れているエビ、カニなどなどゆっくりと浅い所で88分も潜っていました。

6月15日のダイビング

今日は朝からすっきり晴れてくれて気持ちの良い朝でした。3本目上がってきたら雨が降っていました。水温は28から29度です。
Nudi retreat、Aer prang2、Jahir2の3ダイブ行っています。
たった2日間のダイビングなのでポイント選びも大変。レンベに来たからにはNudi retreatでピグミーシーホース、タツウミヤッコ、ウミテング、ウコンハネガイなど見て行かないと!と朝一はそこへ。Aer prang2ではボロカサゴ、ハナヒゲウツボ、サラrサハタの幼魚など見ました。最後はカエルアンコウを是非見て頂きたくJahir2へ行きました。ここの浅場のコーラルには大きな茶色系のオオモンカエルアンコウがどっしりといるのでそこで見ることができました。他にもツマジロオコゼやウミウシ、オイランヨウジなど観察しました。
あっという間の6ダイブでした。ダイビングの後はマッサージで寛いで頂いたようです。

6月14日のダイビング

すっきりとは晴れてくれないお天気でした。昼ごはんの時にはスコールがあり、3本目行く時には止んでいましたが曇ったまんまでした。夜は星空が広がっていました。
今日はTK3、Nudi falls、Retak larryの3ダイブ行っています。
今回のお客様はお二人ともまだダイビングを始めたばっかり!ここに来る為にライセンスを取ってきたという方と10ヶ月ぶりのダイビングというお二人のためにチェックダイブを兼ねて流れのないTK3へ行きました。ジャイアントストライドエントリーも初めてというので説明したりして久しぶりに講習を行っている気分になりました。潜降には少し手惑いましたがヒメオニオコゼ、セミホウボウ、オトヒメエビ、トウアカクマノミなど何を見せても喜んで頂けて嬉しかったです。Nudi fallsではチョウチョウコショウダイの幼魚、ウミウシ類、なんとピグミーシーホースまで見てしまいました。Retak larryは少し透明度が雨のせいで落ちていましたが、水中ではやっと余裕ができてきて写真も大分落ち着いて取れるようになったようでした。

6月13日突然の飛行機ディレイ

今日はあまりすっきりとは晴れてくれませんでしたが、スコールらしい雨もありませんでした。
シルクエアが急遽4時着と遅くなったためリゾートへは6時過ぎに到着したため、ダイビングはありませんでした。
今回のお客様は2日間だけのダイビングなので明日からのポイント選びに迷いそうです。

6月9日のお天気

今日は朝起きたときは雨が降っていましたがその後はすっきりと晴れ、お客様の器材もきれいに乾いてくれました。夕方までスコールもなく青空が広がっていました。
今年は少し去年より乾期に入るのが遅いように感じます。

6月8日のダイビング

朝から雨が・・・。昼くらいに止んだもののスコールがあって定期的に雨が降っていました。ここのところの天気は晴れの日と雨の日の繰り返しのようです。
Retak larry、Nudi retreat、Nudi fallsの3ダイブ行っています。今回のお客様は2日間のダイビングと短い日程で8ダイブ行いました。
リクエストのあったNudi retreatへ朝一に向かいましたが流れているようだったので変更してRetak larryで潜りました。
080608umiusi.jpg
20センチはあるのではないかと思うオオコノハミノウミウシのペア、ミナミホタテウミヘビ、ウツボにアカシマシラヒゲエビがクリーニングしていたりしました。
Nudi retreatでは見たことはあっても写真に収めたことがないという
080608ukon.jpg
ウコンハネガイ。なかなか迫力のある写真になっていますね。
Nudi fallsでは昨日のナイトで電池が切れて撮れなかったベニキヌヅツミカイをはじめ、
080608miyake.jpg
ミヤケテグリ、ウミウシ三昧のダイビングでした。
去年に引き続き、短い日程でしたが楽しんで頂けたようでした。写真もたくさん頂きありがとうございました。次回は是非ハタタテガレイを見たいですね!

6月7日のダイビング

今日は朝は曇っていましたが1ダイブ終わって戻ってくる頃には青空が広がり天気の良い1日でした。
Aer prang2、Police pier2、TK3、Nudi falls(ナイトダイブ)の4ダイブ行っています。
080607nisiki.jpg
Aer prang2では今がシーズンともいえるニシキフウライウオが単体のものペアを合わせて全部で7個体見られました。色は全て黒でした。Police pier2にはフリソデエビを探しに行きましたがまた行方不明に・・・。
ですが
080607umusikakure.jpg
すごくかわいく撮れていたペアのウミウシカクレエビ、黄色の大きなオオウミウマがいたり、最後の浅場ではイロカエルアンコウのうすオレンジがいたりしました。TK3にはハタタテガレイのリクエストで!リクエストのものは見られませんでしたが、トゲツノメエビ、
080607ambon.jpg
人気度の高いツノカサゴ(鎧を着けているようですね)、
080607kumadori.jpg
レンズの部分が曇ってしまって白いですが充分かわいさが伝わると思います!赤ちゃんクマドリカエルアンコウ、コガラシエビなど盛りだくさんでした。ナイトダイブにNudi fallsへ。かわいいエビ、カニがそこらじゅうに。ウミウシも
080607fujinami.jpg
自分でも良く撮れたと言っていたフジナミイロウミウシ、セスジミノウミウシなどなど次々に!撮るものが多く最後はバッテリー切れになってしまうほどでした。

6月6日のダイビング

今日は空港でお客さんをお迎えしてサンセットダイブをJahir2で行いました。
朝から雨が降ったり止んだりで曇ったまんまの1日でした。水温は28度をずーーーっと指していました。確実に水温は下がってきています。
来る途中でニシキフウライウオが増えてきたんですよなんて話題からニシキフウライウオは見たことがあるけどカミソリウオはまだ見たことがない。という話をしながらきたので早速探してみたら、いました!080606kamisori.jpg
1匹でしたが落ちていた枝に寄り添うようにしていました。
その他にも
080606oomon.jpg
オオモンカエルアンコウ、ウミウシ類、
080606leaf.jpg
ハダカハオコゼなど見られました。

6月1日のダイビング

今日は朝ダイビング行く時間の直前の強いスコールにより30分程遅らしてのダイビングとなりました。スコールは向かい側のレンベ島が見えなくなるほどの強い雨と風でした。
Pante parigi、Aer prang2の2ダイブ後、昼ご飯を食べ、マナドのココティノスへ移動となりました。
Pante parigiはさっきのスコールの影響もなく?でも静かで暗かったのですが・・・。ミジンベニハゼやワンダーパスの子供がいたりしました。最後のダイビングのリクエストでゼブラバットフィッシュを探しにAer prang2へ。昨日、自分たちで探して見つからなかったので今日はデディにも手伝ってもらったのですが見つけることができませんでした・・・。その代わりに黒のニシキフウライウオ、タツウミヤッコスターリーブレニー、ボロカサゴなどたくさん写真を撮っていただきました。
お昼ご飯を食べ、2時過ぎに出発。ビトゥンの町に向かう途中に小さな家庭的な動物園があり、そこでタルシウスという小さなサルを見にちょっと寄り道しココティノスへ移動しました。

5月31日のダイビング

今日も朝からいいお天気です。
Hair ball、Aer prang2、Aer prang2、TK3(ナイトダイブ)の4ダイブ行っています。
久しぶりに行ったHair ballでは赤ちゃんジョーフィッシュが平らなところから巣穴作りをしているのを始めて見ました。くるくると回りながら砂を吐き出している姿はすごくかわいかったです。Aer prang2へボロカサゴ探しに。ずいぶん距離を移動したようで見つけることができず、2本続けて潜ってやっと見つけました。念願のピンクスクワットロブスターも見れ、浅場へ戻ってくるとガイドのアリが何か見ています。近づいていくと!なんと!ワンダーパスが!今日のは穴に入っていかず、ずーっと外に出たままでした。あまり早く移動もせず写真がばっちり撮れたようでした。ナイトダイブではメガネウオとココナツオクトパスのオンパレード。メガネウオは3個体、ココナツオクトパスは7個体くらい見たのではないでしょうか?アオリイカやカエルアンコウ、ウミウシなど見られました。

5月30日のダイビング

昨日とは打って変わっての朝から晴天です。
Aw shuks、TK2、TK3、Jahir(ナイトダイブ)の4ダイブ行っています。
Aw shuksでは2センチほどのイロブダイの幼魚、ゴールドスペックジョーフィッシュ期待していたピンクスクワットロブスターの姿は見つからず・・・。TK2ではニシキフウライウオの黒と白のペア、白の単体、オレンジのイロカエルアンコウ、赤の1センチくらいの赤ちゃんイロカエルアンコウなど狭い範囲にまとまっていました。これらを見れなかった人たちが是非見たいということでまたまたTKへ。私たちはTK3方面へ向かって潜りました。ナイトダイブはちょっと流れており、深く行かずオオモンカエルアンコウの大きさに驚いたり、ボブズテイルスクイッドのかわいさに微笑んだり、葉っぱやらカイメンをしょったカニにどこに目があるのか?生き物なのか?観察したり面白かったです。

5月29日のダイビング

夜中から降って来た雨が止まず、朝から寒々とした感じでしたが1ダイブ目を終わって朝ごはんの頃に雨が止みました。日のあたる時間はほんのちょっとしかなくあっという間に夕暮れという感じでした。
今日はNudi falls、Retak larry、Police pier2、Nudi retreat(ナイトダイブ)の4ダイブ行っています。Nudi fallsは少し流れていましたがカミソリウオやピグミーシーホース(壁のウミウチワに戻ってきました)ウミウシ類を観察。2ダイブ目はAw shuksへ行こうとしましたがもうすでに他のショップが入っており混んでいそうだったのでRetak larryへ移動して潜りました。ここでは赤系のニシキフウライウオのペア、カミソリウオ、オオコノハミノウミウシのペアなど見られました。Police pier2へ行方不明だったフリソデエビを見に行きました。子供だった個体も親の大きさに近くなってきました。ナイトダイブに
珍しくNudi retreatへ行きました。久しぶりに見ました、コ-ラルキャトシャークが砂地に出てきていました。昼間は動き回るウミテングも夜はお休みモードでゆっくりしか動かず写真も撮りやすかったようです。浅場では白の赤ちゃんクマドリカエルアンコウがいたりあっという間の75分でした。

5月28日のダイビング

少しリゾート的にもゆっくりとした時間が流れましたが今日からまた潜ります。
今日は空港でお客様をお迎えしてリゾートへ。
サンセットダイブを近場のJahir1でゆっくりと体を慣らしました。
来る途中の車の中で「ミ」のつくタコが見たい!とのリクエスト。あまりオーラを出さないように全部の名前を言わないで!なんて話をしながらやって来ました。このタコの仲間であるホワイト「V」オクトパスが見れました。それも子供ですごくかわいかったです。という訳で明日へと期待が高まるダイビングでした。

5月7日のダイビング

今日も朝から晴れていますが風が吹いています。
Police pier2、Aw shuks、Retak larryの3ダイブ後マナドのリゾートへ移動です。
Police pier2へはフリソデエビのはずが・・・・・どこへ行ったやら。見つからず、サラサハタの幼魚、オレンジのイロカエルアンコウなどを見ました。Aw shuksでは大きなオオモンカエルアンコウやゴールドスペックジョーフィッシュなどをじっくり観察し、パラオクサビライシにコロールアネモネシュリンプでもいないかしらとのぞいて見るとマッシュルームコーラルパイプフィッシュという白くて細いいかにも縁起の良さそうなヨウジウオがペアで見られました。レンベでは珍しく私も2回目でした。Retak larryにミミックオクトパスのリクエストで探しに行きました。
080507wonder2.jpg
ミミックオクトパスの兄弟ともいえるワンダーパスが見られました。あれ?タコって足5本だったっけ?よく見ると何者かに食いちぎられているようです。
080507wonder.jpg
何に擬態しているのでしょうか?不思議な形になりました。多分食事中だと思うのですが、すばやく覆いかぶさったので何を捕食しているのか見えませんでした。ビデオで最後に穴の中に1本ずつ足が吸い込まれるように入っていくのまでばっちり撮れました。ダイビング終了後スコールがあり、リゾートの出発は5時ごろとなりました。不思議なことにリゾートでは土砂降りだったのに20分車で走ったビィトゥンの街では道路が濡れた形跡もなく、局地的な雨に驚きました。
写真は後からメールで送って頂きありがとうございました。いい写真ばかりでビデオの出来も気になります。また是非遊びにいらしてくださいね。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。