Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月25日現地からの海情報

マネージャーのヌースからの情報です。

少しずつ雨期に入ってきているようで、水温は30度近いとのことです。
ミミックオクトパスはほとんど見なくなり、今はゼブラバットフィッシュの幼魚がいるそうです。
おぉ、ゼブラバットフィッシュの幼魚がいるんだ!と思って少し聞いてみると、
TKで2週間くらい前から見られている。だけど、水温が高いのでいつまでいるか分からないと
消極的な答えでした。
ヘアリーフロッグフィッシュ、ピグミーシーホースたちもまだ見られているそうです。

途中でネットが途切れてしまい、今日はここまでしか聞くことができませんでしたが
新しい情報をお届けしました。
スポンサーサイト

11月17日のゴロンタロでの地震について

今日17日の夜中1時過ぎ頃にマナドの南にあるゴロンタロで地震があったそうです。
お客様より問い合わせがあり、現地に朝10時過ぎ頃、問い合わせたところ
気づかなかったのか、揺れなかったのか「無いよ」と言われてしまいました。
私がインターネットで見たんだけどと言うと「ほんと?」「でもゴロンタロは離れてるよ」とのことでした。
同じスラウエシ島なので日本人からすると揺れたんじゃないかと思うかもしれませんが、現地レンベではいつも通り、何も変わったこともなくダイビングに出かけていますのでご安心下さい。

今日は地震よりも朝からすごい強い雨で雨音で目が覚めたそうです。今も?と聞いたらさっきやっと止んだと言っていました。
もう雨期に入りそうなのかなと思って聞いてみたら、雨期の雨とは違う!とのことです。
毎年、段々雨期乾期が分かりづらくなって来ているのでこの季節には何が見れると断言していうのが難しいですね。
でもその季節ではないものが見つかったりすると逆にラッキーな気分になりますよ!

ちょっと聞いてみました

3種類のピグミーシーホースについてちょっと気になったので聞いてみました。

その3種類はHypocampus BargabantiとHypocampus DenniseとHypocampus Pontohiです。どんな種類なのか少し紹介してみます。

Hypocampus Bargabanti はピグミーシーホースと言えばこれという通常のピグミーシーホースでレンベでは通年見られています。水深は18Mくらいが多いですが浅いと13Mでも見られることがあります。色はピンクが多いですが黄色い個体も見られることが。

Hypocampus Dennise はデニスピグミーシーホースと呼ばれています。ラジャアンパットの方面の方が数が多いようでレンベでは水の冷たいシーズンにだけ見られています。水深は深めで30M付近が多いです。人気が高いので朝一にそのポイントは混み合います。肌がつるんとしていてイボが薄くいろもパステル系のオレンジと少し細身でかわいいです。

Hypocampus Pontohi は日本にいるジャパニーズピグミーと呼ばれる種類とよく似ていますが、ジャパニーズピグミーの方はまだしっかりとした学名がついていないので違う種類のようです。こちらでは学名の部分から「ヒポカンポス」と呼ばれています。この種も2003年にマナドで新しく見つかった珍しい種類でレンベよりはブナケン島側の方が数が多いです。レンベで見つかるとガイドでさえ喜んでいます。色は焦げ茶と白っぽい2種類が多いです。形は薄平たくサイズも少し小さめで、オーバーハングの藻が生えているような所を好むので写真を撮る体勢がかなり辛いこともあったりします。

ピグミーシーホースの種類は色も少しずつ違ったりして個体差があって、写真を撮る人にとっては嬉しい被写体ですね。小さいので後で写真を見てから新たな発見があったり!?コンパクトデジカメはマクロレンズがないとうまく撮影できないので、レンベへいらっしゃるときにはマクロレンズを1枚は持って来た方が楽しめますよ。

11月4日 現地からの海情報

現地からの海情報です。
今回はマネージャーのヌースからメールで届きました。
波も風も強くなく海況は良好、水温は26,27度だそうです。
水温がまだ低いままなので色々な生物が見られているようで
ヘアリーフロッグフィッシュ、ボロカサゴ、ニシキフウライウオ、ミナミハナイカ、3種類のピグミーシーホース、ボブテイルスクイッド、時々ミミックオクトパスやワンダーパスなどが見られているそうです。
ウミテングやヒメオニオコゼ、ハゼ、ウミウシなども数多く見られるとのことです。

3種類のピグミーシーホース、私も見たいです。
どんな3種類なのかは・・・・行った人だけの秘密ですかね?!

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。