Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた写真頂きました その4

大きめのウミウシを2種類ご紹介します。
Lembeh 3rd day モンジャウミウシモンジャウミウシ。
見られる個体は10センチ以上と大きいものが多いです。レンベでも数多くのポイントで見られます。この縁取りのきれいさから写真に収められる方も多いです。どこからこのきれいな水色はくるんでしょうかね?ウミウシは呼吸をするための鰓が背中にあり、このモンジャウミウシの後鰓(こうさい)は2つのお花が振り振りしているようでとてもかわいいです。知らなかった方は是非次回よく観察してみてください。
Lembeh 3rd day マダラウミフクロウ_5マダラウミフクロウ。
ナイトダイブでしか見たことがないですが、夜はとても行動的になっています。これも10センチを超えるサイズのものが見られます。ペアで見られることもありますよ。ただ動きが早いのとナイトなので写真は難しい方だと思います。私のイメージだとこのマダラウミフクロウは掃除機って思ってしまうんですが、皆様はどう思われますか?頭の部分を自由自在にスイングしながらスムーズに進んでいく姿を見ると掃除機がいつも頭に浮かび笑ってしまいます。こんなコミカルな姿を見たい方は是非、ナイトダイブにご参加くださいませ。カサワリレンベリゾートのすぐ目の前のポイントJahirで見られることが多いですよ!
大きい種類は自分でも見つけられ、写真も撮りやすいものも多いですのでカメラを使い始めたばかりの方、久しぶりの方は練習するといいですね。触覚部分だけ、正面顔など部分的に写真におさめるにも色彩が豊かなので面白いと思います。小さいものをガイドに探してもらっている間も撮影を楽しんでくださいね。
スポンサーサイト

窪田が期間限定ガイド!(4/11-5/9)

Mikity11.jpg

昨年8月までカサワリレンベでガイドをしていた窪田美希(ミキティ)が期間限定で再びカサワリでガイドをします!期間は4/11~5/9まで。レンベ海峡の生態系を熟知したブリーフィング&ガイディングにご期待ください。リピーターのお客様もレンベは初めてのお客様もこの機会をお見逃しくなく!!

タラウド諸島の地震について

本日未明に北スラウエシ州の最北端にあるタラウド諸島でM7,4の地震があったようです。
 カサワリレンベリゾートのマネージャーのヌースに連絡を取ったところ、地震の揺れも感じず何も変わったことはないとのことでした。
これからGWに向けて心配されていらっしゃる方もいると思いますがご安心くださいませ。

またまた写真頂きました その2

レンベの海にはこんなハゼたちもいます。
Lembeh 3rd day ネジリンボウ & ヒレネガネジリンボウ_2ヒレナガネジリンボウですね。
他の変わった魚たちにばかり目が行ってしまい結構引っ込めてしまっていますが、レンベでも見られます。普通のネジリンボウよりヒレナガネジリンボウの数が多く、中には胸鰭に黒いラインが入っているものもよく観察すると見られます。
Lembeh 2nd day ギンガハゼ_1私も初めは間違えました。フタホシタカノハハゼです。
ギンガハゼのような気がするのですが、でもなんだか水色の点が少ない気がするし、体に横帯があるから・・・と思って調べてみたらフタホシタカノハハゼでした。黒い砂地にこの黄色い体は良く目立ち見つけやすいですね。
Lembeh 3rd day ハゼの仲間_3ブラックシュリンプゴビーは黒い体に無数の点があって、地味な色なのにみんなに写真を撮って貰える幸せものです。レンベでは良く見られますが、日本にはいないので是非撮って頂きたいハゼの一つです。
ハゼはレンベでは脇役のような感じでお客様にも「いるの?」と紹介されなければそのまま通り過ぎてしまわれている魚です。
砂地をゆっくりじっくり見ていくとオニハゼ系などのハゼの種類も多いですので是非探してみましょう!



Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。