Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温が下がってくると・・・

 乾期のいいお天気が続いているようです。レンベは乾期に入ると南風が入ってきます。水面は穏やかですが、25度くらいまで水温は下がって来ます。
 一般的にはこの水温の下がった時期にヘアリーフロッグフィッシュ、ミミックオクトパスなど珍しい生物が見られることが多いと言われていましたが、私の知ってるこの2,3年は当てはまらず15年くらい潜っているガイドに「あれっ?今シーズンだっけ?」と聞くと「普通じゃない、今はおかしい。」というくらい雨期の季節にヘアリーフロッグフィッシュが見られたり、ついこの前のGWも水温が下がってないのにミミックオクトパスの仲間のワンダーパスが頻繁に見られたり。不思議です。お客様も去年1ダイブで3個体もヘアリーフロッグフィッシュ見たから今年も同じ月に来たのに今年は1匹も見られなかったと嘆いておられました。なので、「いつがベストシーズンですか?」と聞かれたら最近はシーズン無く珍しいものも見られているので「いつも!!」と答えてしまうほどです。
 ただウミウシに関してはこの水温の下がるシーズンにしか見られないものもあります。おぉ、これが見られるということはあれもいるはず!なんて海の中で一人で熱くなっています。特にNudi fallsはもう!それはウミウシ天国です。名前にウミウシの英名Nudibranchの「Nudi」が付いているくらいですからね!岩のWall沿いで遊ぶポイントですが、エントリーしたところは3Mそこから壁沿いに岩が積み重なったスロープ。壁から離れると砂のスロープになっています。ウミウシの他にもハナヒゲウツボ、ミヤケテグリ、エビ、カニ、ジョーフィッシュ、シモフリタナバウオ、もちろんバンガイカーディナルフィッシュなども観察できます。
090625umiushi.jpg 私がこのNudi fallsで初めて見て感動したこの「センヒメウミウシ」
この触覚のつけ根が牛乳に水滴落としたときにできる王冠みたいでびっくりしました。色合いもすごくかわいくて、見つける度に小さくともお客様に紹介しています。壁沿いにいるので写真は難しいけど、後で見ると色々な発見があるので写真はたくさん撮ってもらう様にしています。このセンヒメウミウシがいるということは、小さいですが、トウモンウミコチョウもいます。ツノザヤウミウシやHypselodoris iaculaなど、と順番に色々なウミウシが見られます。Nudi fallsで私はあまり動かず、岩や葉っぱをニヤニヤしながら裏返す怪しいダイバーになってます。それ程、本当にたくさんいるんですから。
 
スポンサーサイト

写真を頂きました!

GW前のお客様からCD-Rで写真が送られてきました。
このお客様とはかれこれ5年ほど前に世界的にも大物で有名なポイントでミヤケテグリを撮影したりしていたマクロ好きの方です。私が前の会社を離れてしまってからは連絡が取れず、4月のマリンダイビングフェアで偶然再会!その月末には遊びに来てくれたという私にとっても嬉しい話でした。
さて、そのお客様から頂いた写真をいくつかご紹介したいと思います。
パンテパリギというリゾートの向かい側にあるレンベ島にあるポイント。ここはレンベで有名な黒砂とはちがいサンゴの崩れた白っぽい砂です。ちょっと深めの20Mくらいのところに彼らはいます。
090618tsuno1.jpg「ツノカサゴ」です。英名はAmbon scorpionfish、学名にもamboinensisと「アンボン」の名が。アンボンは最近変わったカエルアンコウが見つかったと雑誌などに名前が出ているので聞いたことがある人も多いかもしれません。レンベのあるスラウエシ島の南東にある島の名前なのです。よく見ると他にもエビなどの名前にも「アンボン」と付いていたりします。アンボンに限らず、インドネシアの地名のついた生物も多いことに驚くと思います。そんなツノカサゴはレンベでも人気者。バージョンも多く
090618tsuno2.jpgこんな海草っぽいのもいます。この眉毛?のようなものも長かったり短かったり個体差がかなりあります。このように正面顔で撮ってもかっこいいし、斜めもいいし。写真を撮るのに悩ませてくれます。撮る時は目が隠れやすいので気をつけてみましょう!

6月15日現地よりの海情報

乾期の良いお天気が風と共に続いているようです。
水温も確実に下がっていて27から28度とのことです。フードお持ちの方は持っていった方がいいですよ!
今日は日本語スタッフのハニーがいたので海の状況を聞いてみました。
まず、GWに見て来た人気者のお魚たちはどうなったのでしょう?
残念ながらヘアリーフログフィッシュ、フリソデエビ、ボロカサゴは見当たらないそうです。
今もPante parigiがイチオシだそうです。
Pante parigiはレンベ島側のポイントでカサワリレンベリゾートのすぐ向かいボートに乗って5分位の所にあります。リゾートからもポイントにボートがいるかどうか見える距離です。
ミナミハナイカ、ツノカサゴ、カミソリウオ、イロカエルアンコウ、時々ワンダーパスが見られるそうですよ。
090618iro.jpgイロカエルアンコウはこの写真の撮られた4月くらいから見られているものでかわいい子供サイズだったけど今はお姉ちゃんサイズになったよと言ってました。すくすく育っているのですね。色も薄いオレンジでかわいい!!でも砂地では遠くからでもよく目立つ色で「こんなところに石ころ?」と思ってしまいます。それほど何にもないところにポツンと近くに同じような色をしてるものも見当たりません。擬態のうらをかいた技なのでしょうか?
写真はGW前にいらっしゃったお客様が送ってくださった写真です。

Bitung

jalan bitung「Bitung(ビトゥン)」とはカサワリレンベリゾートから一番近い街の名前です。
この街は貿易港として栄えています。やはり、海峡になっているので海のコンディションに左右されない所がいいのでしょう。大きなタンカーや他の港と行き来をするフェリーなどがリゾートやボートから見られます。大きな船が通ると波ができるのでエントリーの時などは気をつけましょう。
写真はBitungの大通りで3車線になっていて役所などが並んでいます。こんなカツオのオブジェが道の真ん中にあります。Bitungの街は貿易と共に漁業も盛んなのです。日本に送る鰹節の工場もあるようです。こちらの地元の人は魚を採って生計を立てている人が多いのはナイトダイブなどに行った時に遠くに見える漁火の数で分かります。ブナケン側のリゾートからレンベに潜りに来た人は知っているボートに乗り換える臭いところは魚を水揚げする場所なのですがそこも船が絶え間なく出入りしています。
カサワリレンベリゾートへの道のりはこのBitungの3車線を1本海側に曲がると高く積まれたコンテナやコンビナートを見ることができます。そこを過ぎると急に道は細くなり山道になります。最後は山道がきついので車はエアコンを切って運転します。その時はドライバーが窓を開けてくれます。緑の匂いを感じると思います。そこを過ぎたらリゾートに到着です。街からは15分から20分で到着です。

新しいボート製作中

new boat
 ちょっと暗いのですが、写真をご覧頂くと2つのボートが並んでいるのが分かりますね。左のボートは現在使われている3つのうちの1つをお手入れしています。右のボートが新しく製作中のボートです。少し小さめにしてプライベート感を高めました。ボートチャーターや小人数グループの時に出動予定です。この場所はみなさんがリゾートに来る途中にあります。Bitungの街を過ぎると細く急な坂道に入りますがそこから5分くらいでしょうか、ここはすぐ水際になっています。是非、探してみてくださいね。
カサワリレンベリゾートでは1つのボートにお客様6人まで。2つのボートは同じポイントに行けないというルールを作っています。皆様にゆっくりと他のお客様に気を使わずに写真を撮って頂けるようにとの思いからです。せっかく少ない人数にしてあるので、レンベの生物をよく観察してみてください。珍しいものだけでなく、普段いるものもじっくり観察することで新たな発見があるはずですよ。マクロの世界を楽しんでください。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。