Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日のダイビング

093009umiushi.jpg
今日は朝は晴れていましたが昼過ぎから雲が出てきました。そのせいか風も午後は止んでいました。
Nudi retreat2、Tanjung kubur、Nudi falls、Damisa point(ニシキテクリ)の4ダイブ行っています。
ウミウシがいっぱい見たいとのリクエストと他のお客様からはピグミーシーホースということでNudi retreat2へ。ウミウシはセスジミノウミウシやアデヤカミノウミウシ、小さなオトメウミウシ、ミゾレウミウシに良く似たクロモドリスホワイティなど。もちろんピグミーシーホースも2種類、ハナヒゲウツボの幼魚、ピンクスクワットロブスターも見られました。Tanjung kuburでは黄色のボロカサゴの仲間、ミノウミウシ、センヒメウミウシなども見ました。3本目はもっと!という感じでNudi fallsです。ウミウシの他にトゲツノメエビやトラフケボリガイなども見られました。最後はニシキテグリを見に行きました。今日はお客さんが少なくゆっくりと見られたようです。
リゾートは急遽、新しいお客様が10人も増え慌しくなりました。

写真はウミウシが今回の第一希望というご夫婦から頂きました!このイロマダラウミウシは12センチくらいまで成長するウミウシで2匹で繋がって歩いていたり、2匹で並んでいたりすることもあります。良く見ると鰓に赤いラインが入っていたりしてとてもかわいいです。レンベでは大型ミカドウミウシ、メリベウミウシから1センチに満たない小さなウミウシまで色も形も様々、えーっこれがウミウシなの?というようなソフトコーラルそっくりなウミウシもいたりしてウミウシだけでも奥深いのを感じて頂けたと思います。
スポンサーサイト

9月29日のダイビング

今日はいつもどおりの青空と南風です。
Makawidey、Aer bajo、Pante parigi、Jahir1(サンセット)の4ダイブ行いました。
Makawideyではイバラダツ、黄色のクマドリカエルアンコウ、黄色のニシキフウライウオ、オオコノハミノウミウシ、バンガイカーディナルフィッシュなど見られました。ウエットスーツを新調されたそうでウエイトの具合をみながらの1ダイブでした。Aer bajoでも黄色のイロカエルイアンコウ、白のニシキフウライウオ、カミソリウオ、ブイの根元にいるイロカエルアンコウのペアも観察できました。Pante parigiでは白のボロカサゴが元気に歩いていました。写真を撮ろうとしても止まってくれないので難しかったです。ウミシダカクレエビも見やすい場所に出てきてくれていたり、黄色のイバラダツがいたりしました。Jahir1でミミックオクトパスやミナミハナイカ!と思って行きましたが出てきてくれたのでホワイトVオクトパスでした。その他にもウミウシカクレエビ、ツマジロオコゼのペア、このペアは横に並んだり1列で進んでいたり見ているとかわいかったのですが、近づいて写真を撮ろうとすると一目散に寄ってきて写真の撮りにくいこといったらありませんでした。きっと彼らはおーーー隠れる大きな岩がやって来た!とでも思っているのでしょう。

9月28日お客様のお迎え

少し雲があり、少し暑さが和らいでいました。
いつも通り空港でお客様をお待ちしていましたが、先週と違って日本人のお客様の数が圧倒的に少なかったです。待てど待てどお客様が出てきません。中を覗くと既に荷物はすべて出ていてベルとコンベアーも止まっています。日本人以外のお客様が中にいるのが見えますが、入国審査が2階に変更になってからはあとどれくらいお客様がいるのか知ることができません。そんなこんなで1時間近く経った頃いらっしゃいました!イミグレーションのところで一番最後だった上に前に並んでいた人に問題があり進まなくなってしまったそうです。
リゾートまでは問題なく、お客様はダイビングしないというので今日はゆっくり休まれました。

9月26日のダイビング

朝から晴れたので早速、お客様の器材やウエットスーツを外に干しました。風があるためこの朝の何時間かですごく乾くのが嬉しいです。
ガイドのアリに頼まれ1本潜ってきました。
Jahir2でエントリーをしたのですが流れていて上がったのはJahir1でした。はじめにいつも通りニシキフウライウオを見に行きました。前は黄色のメスが1匹だったのですが、どこからか黒のオスがやって来てペアになっています。先日は卵を持っていましたが今日写真を撮ってみると目ん玉の見えていた卵が見当たりません!もう巣立って行ってしまったようです。その他にも15センチほどのイロカエルアンコウ、アカオニガゼにちょっと育ったセンネンダイの幼魚など見られました。
今日、チェックアウトのお客様は9人、そのうち空港へは日本人のお客様7人で向いました。途中で曇ってきて雨が降っていた所もありましたが、空港は晴れていました。

9月25日のダイビング

092409miyako.jpgいよいよ連休のお客様たちもダイビングの最終日を迎えました。
今日も天気よく、風が強い1日でした。
2ボートに分かれてTK1、TK3、Jahir2とNudi retreat2、Hair ball、Nudi retreat1のそれぞれ3ダイブ行っています。
TK1ではブイからエントリーするとブイのロープの周りにツバメウオが集まっていました。水底でもクリーニングされていたり、MUCKダイブだけどまた違った雰囲気でした。サラサハタの幼魚やハナヒゲウツボの幼魚、黒のニシキフウライウオのペアなど見られました。次にTK3へ先日のナイトで見たヘアリーフロッグフィッシュとツノカサゴを探しに行きましたが残念ながら見つからず、ココナツオクトパスやイレズミウミヘビやミナミホタテウミヘビの仲間、大きなメリベウミウシなど観察できました。最後にワンダーパス狙いでJahir2へ行きましたが、すでに2ボート留まっていました。やはり人が多いのか出てきてくれず、ピンクの5センチくらいのイロカエルアンコウ、黄色と黒のニシキフウライウオのペア、オレンジ&ブラックドラゴネットの幼魚やミナミハナイカ、浅い所ではアカオニガゼにちょっと成長したセンネンダイの子供が見られました。Nudi retreat2ではデニスピグミーシーホースを中心に、ボートの下にはキラキラと小さな魚の群れがあり、群れの形が色々変わっていくのを眺めるだけでも面白いですね。Nudi retreat1ではアカククリの子供を見たようです。
今日はマナドの方からの遠征ダイビングのボートが数多く出ておりどのポイントもボートが2艘3艘つながっていました。水の中でもすれ違うことが多く、とても賑わっていたレンベでした。
明日、チェックアウトのため3ダイブで終了しスパを受けたりログ付けしたり、旅の最後にのんびりとした夜を過ごされていました。

写真は「ミヤコウミウシ」レンベは黒砂のスロープであまりサンゴもなくパッと見は何も無いように見え増賀よーーーーく見て行くとこんなかわいいウミウシがいたりします。潜れば潜るほど色々な生物が見えて来るそんな面白いと思います。
19日からのお写真はレンベには日帰りで潜った事はありましたが、滞在は初めての北海道ダイバー様より頂きました。レンベ滞在だと1日4ダイブ、ナイトダイブまで楽しめる所が嬉しいですね。

9月24日のダイビング

今日も言いお天気です。水温は28℃ありますが、風があるため上がってからが寒いように感じます。
Nudi retreat2、Makawidey、Jahir1、Jahir1(ナイト)とMakawidey、Tanjung kubur、Retak larry、Jahir1(ナイト)4ダイブ行いました。ナイトダイブは人数が少なかったため合流して1ボートで行っています。
Nudi retreat2ではピグミーシーホースを見たいとのリクエストでデニスピグミーシーホースの所からエントリーをして、最後にピンクのピグミーシーホースまでというコースでした。ゴシキエビの赤ちゃんやハナヒゲウツボの幼魚、ピンクスクワットなども見られました。Makawideyではイバラダツ、タツウミヤッコ、黄色のクマドリカエルアンコウ、ガイドのデディに巣穴から追い出されたゴールドスペックジョーフィッシュ、そして浅い所でバンガイカーディナルフィッシュの口内保育を観察しました。Jahir1では藻の生えた海草や石ころに隠れているカエルアンコウたち、ミナミハナイカ、ツマジロオコゼ、ラッパウニに乗ったゼブラガニなど見られました。ナイトダイブも同じポイントを潜りましたが、また違った生物をたくさん観察できメガネウオまで見られたようです。

9月23日のダイビング

092309angel.jpg
引き続き3ボートでダイビング日本人は2ボートに分かれてダイビングを行いました。
Nudi falls、Tanjung kubur、Aer prang2、Damisa point(ニシキテグリ)とAngels window、Makawide、Aer bajo、Jahir2(ナイト)の4ダイブ行いました。今日は3ダイブ後にマナド側のリゾートCocotinosへ移動するお客様のリクエスト優先で潜ってみました。ウミウシをいっぱい見たいというのでNudi fallsへ行ったり、今しか見れないボロカサゴの仲間を見に行ったりしました。Tanjung kuburでは白のクマドリカエルアンコウの子供3センチ程でかわいい盛り!やニシキフウライウオの子供を3匹1つの根で見たりしました。外人と混合ボートの方はレンベでは珍しい地形のポイントAngels windowへ行ったり、ミナミハナイカやイバラダツを見たり、ナイトダイブではメガネウオまで見てきたようです。ニシキテグリのポイントは既に2ボートが潜っていました。私たちも入って小さな根はぎっしりと囲まれていました。順調に求愛行動を見て終わり頃、カップルにちょっかいを出す大きなオスがいました。何組にも邪魔をして最後にはエラに噛み付いて離れなくなって、噛まれた方は死んでしまったのかと思いましたが離れたら普通に泳いでいたのでホッとしました。ニシキテグリの世界も厳しいものなんですね。

写真は朝のAngels windowです。レンベでも珍しい地形のポイントです。長い日程のお客様でしたので外人チームと一緒に出かけて来ました。トンネルの向こうにいるのはガイドのハニーです。

9月22日のダイビング

スコールさえない天気のいい日が続いています。
今日はNudi retreat、Pante parigi、Aer bajo、Jahir2(サンセット)のボートとNudi falls、Aer prang2、Pante parigi、Jahir1(サンセット)の2つのボートに分かれてダイビングを行っています。
先日、シモフリタナバタウオを見る事が出来なかったのでそのリベンジへ朝1のダイビングで出かけて行きました。見たい!とおしゃっていた奥様は見れず、旦那様は何気にデジカメで写真と動画を収めていて「何で教えてくれないの~!!」という状況だったそうです。問題のシーンは
092209comet.jpg2匹も写っているではないですか!普段は岩の割れ目に潜んでいるのですが朝だったためか見られた場所が壁付近ではなかったそうです。
私は2つ目のボートでお客様とご一緒して来ました。昨日ナイトに行かれなかったお客様もいたのでNudi retreatでゆっくり潜って頂きました。流れがあり浅い方の湾内だけで遊びました。ボロカサゴの仲間をPante parigiやAer prang2で見たり、Aer bajoではミミックオクトパスが久しぶりに見られたりしました。しっかりとビデオやカメラに収まってからゆっくりと擬態しながら穴に入って行くのを見ることができました。サンセットダイブでワンダーパスを!と意気込んで行きましたが、現れたのはホワイトVオクトパス。頭の先が白くVの字になることからこの名前が付いています。ミミックオクトパスやワンダーパスも同じように頭の先が白いことからこの3種類は仲間とされています。ミナミハナイカは家族かの様に4匹大きさも大人から指先と同じ大きさの赤ちゃんまで近くにまとまっていました。一番大きな個体は捕食を盛んに行っていました。

9月21日のダイビング

天気はいいのですが、干満の差が激しいのでいつも流れがある感じです。
今日はNudi retreat2、Nudi falls、TK1、TK3(ナイト)の4ダイブ行っています。
今日の午後には大勢のお客様がいらっしゃり、リゾートも満室となります。と、その前にゆっくりとピグミーシーホースを見ておこうとNudi retreat2へ行ってきました。ピンクのピグミーシーホースがいるウミウチワは前は7匹いましたが2匹に減っていました。少し先の23M位のところにデニスピグミーシーホースが2匹、こちらはレンベでも珍しい種類です。Nudi fallsへはウミウシはもちろんシモフリタナバタウオを探しに行きました。ですが、先にボートもいて人が多いせいか出てきていませんでした。チョウチョウコショウダイの幼魚はあちこちにこんなにいっぱいいたんだ!とお客様が感心するほどでした。続いてリクエストのゼブラバットフィッシュの幼魚を探しに行きました。最近見られていたのもいなくなってしまったので、久しく潜っていないところを探しに行ってみましたが、見つかりませんでした。到着したお客様と合流してナイトダイブへ。新たに見つかった15センチほどの焦げ茶のヘアリーフロッグフィッシュ、ココナツオクトパス、緑の海草そっくりなカミソリウオ、アンボンスコーピオンフィッシュのペアなどたくさんの生物が見られました。

9月20日のダイビング

今日も朝から青空が広がっています。
インドネシアではイスラム教の断食ラマダンが明け昨日の夜からお祭りのようです。ちなみにここカサワリレンベリゾートのあるMakawideという村はクリスチャンのため普段と全く変わらない日ですが。
Makawide、Pante parigi、Aer bajo、Jahir2(サンセット)の4ダイブ行いました。
Makawideはこのカサワリレンベリゾートがある村の名前その通りポイントもすぐ近くにあります。今日もイバラダツやジョーフィッシュに新しく黄色のクマドリカエルアンコウやタツウミヤッコが見られました。Pante parigiでは昨日見つけたばかりという白の10センチくらいのボロカサゴの仲間!私もこれははじめて見ましたがかわいかったです。その他にも赤のイロカエルアンコウ、タツノイトコ、ココナツオクトパスなど盛りだくさんでした。ミミックオクトパスを見たいとのリクエストでAer bajoへ行きましたが、今日はミナミハナイカもワンダーパスもヘアリーフロッグフィッシュもいてくれませんでした。
092009sennen.jpg代わりにリクエストにあったセンネンダイの幼魚を見ることができよかったです。
Jahir2でミミックオクトパス再チャレンジ!今度はエントリー後すぐにアリがワンダーパスを見つけばっちり写真に撮ることができました。黄色のニシキフウライウオは黒とペアになっていました。この黄色の個体は先週私が撮影したときに卵を持っていて卵に目が見えていました。今日もすくすくと育っているように見えました。

9月19日のダイビング

今日は空港でお客様のお迎えをしてリゾートにやってきました。
お客様は私のことを覚えていて下さって先日、虫眼鏡を失くしたのを読んだのでと虫眼鏡を頂きました。ここでは重宝するものなので大変助かり、嬉しかったです。
雨もなく、暑かったです。さすがにリゾートに来ると風があるので心地いい気がしました。
外人チームがナイトダイブへ行くというので加わってRetak larryへ行って来ました。
イッポンテグリや寝ているフグやハギ、ツノカサゴのペア、トガリモエビ、そして珍しくサンゴトラザメという40センチくらいの小型のサメを見ることができました。
091909coralcat.jpgこのサメはじっとしていて写真を撮ってもビデオを撮っても動きませんでした。
お客様も来てすぐのナイトダイブでしたが楽しんで頂けたようでした。

9月14日のダイビング

今日もよく晴れていてダイビングしないのはもったいないと1ダイブだけMakawideで潜ってきました。
お客様の入れ替わりの日で朝はアメリカ人のカメラマンの方だけでしたので撮影の邪魔をしないように生物探しをしてきました。ハリメダゴーストパイプフィッシュを前回見た場所を確認しましたが見つけることができませんでした。その周辺にはジョーフィッシュが多いことが分かり穴堀しているのを観察したりしました。
ダイビングを終え、朝食をとったり、ブログやメールのチェックを慌しくして空港へ。お客様の見送りをしてきました。

9月13日のダイビング

雨のない日が続いています。
今日はお客様のダイビング最終日なのでリクエストにお応えしてNudi fallsとAer bajoへ出掛けて来ました。
1度はNudi fallsへ行かなきゃと言ってるうちに最終日になってしまいました。いつものようにゆっくりと砂地沿いに進んでいくと先にいるアリが呼んでいるので行ってみるとオオマルモンダコがいました!
090913bring.jpg
写真を撮っていたら今度はハニーがすぐ近くで呼んでいるので見るとワンダーパスがいました!どっちを撮っていいのか迷ってしまうほど忙しくDECOを気にしながらギリギリまで楽しみました。ラストダイブは昨日のミナミハナイカの卵が気になってもう一度ハッチアウトをビデオでチャレンジしてみました。
090913hanaika.jpg卵の入ったココナツの殻は移動されていましたが見つけることができ、粘りに粘って撮影しましたが、2匹とも卵の下のほうから出てきていて卵を突き破って出てくる瞬間を撮ることが残念ながらできませんでした。浅いところでアサヒガニやココナツオクトパスを観察しダイビングを終えました。

9月12日のダイビング

引き続きいいお天気、水温も28度でした。
昨日まで一緒だった太った外人さんがチェックアウトされ今日は2人だけのお客様でした。この今日チェックアウトされたお客様はなんとサーフパンツだけで潜られていました。寒がりの私にとってはウエットスーツなしで寒くないというのはとても羨ましい話です。
今日はAer bajo、Aer bajo、Aer prang、ハウスリーフの4ダイブ行いました。
この夏に入ってから行き始めたというAer bajo、最近はヘアリーフロッグフフィッシュが見られているというので行ってみました。
090912hairy_20090924234541.jpg予定通り、グレーっぽい15センチ程の大きめのヘアリーフロッグフィッシュがいました。横から見るとお腹が膨らんでいますね。ここまで黒っぽいのに真っ黒のヘアリーフロッグフィッシュとはまた違って、体の模様が見えるのでびっくりしました。この他にもココナツオクトパス、ウルマカエルアンコウ、クリーム色の色カエルアンコウそしてミナミハナイカの卵!写真を撮ったりビデオのライトに反応して卵の中の赤ちゃんが色づいているのが見え、もう産まれる直前という感じだったので、2本目も是非!ということになり2本続けて入ったのでした。ハッチアウトしてくれて5匹ほど産まれました。出てくる瞬間をビデオで!と思ったのですが後でビデオを見るといつの間にか産まれていました。
090912rhino_20090924234540.jpgAerprangでは薄い赤のボロカサゴの仲間を観察しました。最後は昨日のようにのんびりと、と思ってエントリーしましたが5分もしないうちにガイドのアリがヘアリーオクトパスを見つけ大興奮!写真を撮り捲りましたがなかなか擬態がうまく背景に溶け込んでしまって思うように写真を撮れませんでした・・・。でも見れただけでラッキーです。ちなみにこのお客様は前々回も見ているので2回目でした!

9月11日のダイビング

乾期らしい南風と青空でした。
水温は28度ありますが、やっぱり1時間も入ると寒く感じます。
今日はMakawideⅡ、Hair ball、Jahir、ハウスリーフの4ダイブ行いました。
Makawideではイバラダツを真っ白な個体から茶色が混ざっている個体など全部で4個体も見ました。090911harimeda.jpg
その他にもハリメダゴーストパイプフィッシュという珍しいサボテンクサにそっくりなカミソリウオの仲間がいたりしました。
090911zebra.jpgHair ballではよく育ったゼブラバットフィッシュ、オレンジ&ブラックドラゴネットの赤ちゃんや黒のニシキフウライウオが見られました。Jahirは流れており深くは行かずゆっくりと流れを利用しながら魚の観察をしました。4ダイブ目はボートがニシキテグリダイビングへ行くことになり、お客様はニシキテグリはもう充分というので桟橋からのダイビングをしました。ウミアザミにかくれているそっくりな色をしたエビやカニを見たり、最大深度4Mという体にやさしいダイビングをしました。

9月10日のダイビング

090910denis.jpg
今日も朝からいいお天気です。
外人チームに加わりダイビングを行いました。
Nudi retreat、Aw shucks、Retak larry、Jahir2(サンセット)の4ダイブ行いました。
リピーターのお客様のため何か新しい生物をと思い、デニスピグミーシーホースがいるいという話を前から聞いていたので早速行ってみました。23Mのところのウミウチワに2匹いました!写真は撮ろうとするとすぐ背中を向けてしまうので結局この1枚のみでした。ちなみにお客様はビデオ私はお客様のカメラで撮影しています。ニシキフウライウオは黒をNudi retreatで1匹、Retak larryでペアをJahir2では黄色を1匹見ました。この季節はこのカミソリウオ系が多く見られるのも面白いところです。
090910wonder.jpg
ナイトダイブではミミックオクトパスの仲間のワンダーパスが食事をするのを見ることができたり、ミナミハナイカの大人も見られあっという間の1時間でした。

9月9日のダイビング

さて、4ヶ月ぶりのレンベからのレポートです。
今日はお客様と共に到着し、リゾートに来ました。
途中は曇っていましたが、リゾートの方は晴れており、いつもどおり風が吹いていました。
体慣らしとカメラチェックで桟橋からのダイビングを1本行いました。
ゆっくり5mくらいまででウミウシやオトヒメエビなどカメラとウエイトのチェックをしました。
私は早速買ってきた虫眼鏡を失くしてしまいました。
持ち物にはちゃんとひもをつけなくちゃいけませんね・・・。

明日から現地でガイドです

日本オフィスの窪田が本日メナドへ向け出発しました。明日からカサワリレンベにて水中ガイドと陸上でのお客様サポートをさせていただきます。
現地では毎日慌しくしていると思いますが、時間の許す限り現地からレポートをしてもらいますのでどうぞお楽しみに!!

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。