Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニシキテグリは水曜と土曜

091126mandarin.jpg後ろの視線が気になるか!?ちらっと振り返っていますね(笑)

レンベ海峡でもニシキテグリが見られるポイントがあるのです。
見れることを聞いて驚かれるお客様もいらっしゃいます。残念ながらピクチャードラゴネットはまだ見た事がありませんが、ニシキテグリはお釣りが来るくらい見られます。98%くらい、ほぼ毎日!求愛行動を観察出来ます。
ところが最近、その見られるポイントが大人気でブログにも書いたりしていますが、行ったら3ボートいて諦めて帰ってきたり、少し早めにエントリーして場所取りしたり、早く行ってボートの上で時間になるまで待ったり一番多く見られる直径1Mくらいの根の周りはいつもぎゅうぎゅうでニシキテグリの向こう側に他のお客様が写ってしまうというほど大混雑だったのです。
ということでダイブリゾートが集まって話し合いがあり、1日2リゾートでカサワリレンベリゾートは水曜と土曜が割り当てられました。ニシキテグリを見たい方はお早めにリクエストお願いします。
ニシキテグリを観察するには7Mの所にある根やその付近に着いたら動き回らないことが基本です。私の経験上からいうとはじめニシキテグリは足元にちょろちょろとガレ場の間を出たり入ったりしています。そのうち根の方へ登って行き、オスはメスを誘い始めます。オスは縄張りを持っており同じ場所で求愛行動を行います。なのでしっかりと写真を撮りたい方はガイドの指示に従って場所をキープすることをお勧めします。暗くなってくるとカップルがサンゴの上へ上がって来ます。あせってカメラを近づけると求愛行動をやめてしまいますので、気持ちを抑えながら撮影を。でも一度は止めてしまっても同じカップルで諦めずに求愛行動を行いますからそのままお待ち下さい。求愛行動が始まるとこっちでもあっちでも同時に見られたり、ここもそこもとついつい欲張りになってしまいますが近い場所だけを見ていても色々なストーリーがあって面白いですよ。モテモテでメスを2匹3匹連れてあがって来たり、他のオスから横槍が入ったり、順番待ちしているメス、恥ずかしそうな隠れ気味のメスなど面白いです。求愛行動が終わるとオス同士で縄張り争い!激しいと噛み付き合いにもなります。そのうち静かになりエダサンゴのなかでご就寝です。ライトを当ててものんびりとしか動かない寝ているニシキテグリもまた滅多に見れないと思いますよ。
ニシキテグリをお腹いっぱい見られる1ダイブとなることでしょう!
スポンサーサイト

バンガイカーディナルフィッシュ

レンベでリクエストも多く、人気がある「バンガイカーディナルフィッシュ」をご紹介します。
091117banggai1.jpg
レンベで見られる魚として雑誌にもよく載っているためかリクエストが多いです。が、このお魚結構いっぱいいてほぼ毎ダイブ見ている気がします。以前はレンベでもポリスピアというポイントでしか見られなかったそうですが、段々範囲が広くなり今はどのポイントでも浅いイソギンチャクやエダサンゴ、ガンガゼやアカオニガゼの側で見付けることができます。
本来は
091117banggai2.jpgこのようにガンガゼにいる方が体の模様に重なって擬態になると思うのですが、最近は上の写真のようにクマノミたちと共生しているのを見る事が多いです。カーディナルフィッシュ(イシモチ系)は口の中で卵を育てるので有名ですが、このバンガイカーディナルフィッシュはなんと子供まで口の中にいるのです。あごの角ばったお父さんバンガイカーディナルフィッシュを見付けたら口をパクパクさせるのをお待ち下さい。口の中がオレンジやうすピンクなら卵、キラキラしていたら子供の目です!写真は難しい(私もまだ口の中の子供の写真ないです・・・)ですが、是非チャレンジしてみてください。
バンガイカーディナルフィッシュはレンベから南、中部スラウエシ島の東側に浮かぶバンガイという小さな島から名前がついています。ここからの船に着いてレンベに流れ着き、環境があったために繁殖したそうです。ですが、2007年には国際自然保護連盟の出すレッドリストで絶滅危惧種に入っています。レンベではそう感じていないのですが、全体数は減ってきているようですね。
見る機会が多いので写真を後回しにしやすくなりがちで、最後のダイビングで「あぁ、ちゃんとした写真が1枚もない!」と思い出したかのように撮られている方も多いですが1個体だけでも、たくさん群れている姿でも写真の被写体にとてもいいので是非、今のうちにレンベへ足をお運び下さいね!

ヘアリーフロッグフィッシュ

前回に続きヘアリーと名の付く生物を紹介します。
091010hairy.jpg
ヘアリーフロッグフィッシュはレンベにいらっしゃる半分位の方がリクエストされます。雑誌で紹介されたりして、知名度人気度共に高い生物です。見られる季節は乾期と言われてはいますが、最近は季節に関係なく出現しています。人気が高いため、早めに見に行かないと移動してしまったり探すのに苦労したりします。ヘアリーになってしまうのは擬態のためのようです。黒いヘアリーフロッグフィッシュはアカオニガゼの側にいますし、白っぽいヘアリーフロッグフィッシュはウミアザミの側で見られたりします。ですが、特徴でもある大きなエスカを振り回しながら力強く歩く姿はとてもじっと擬態している時とは全く違いワルな顔に見えます。是非、出会った時はよく観察して見て下さい。
写真を撮るのはあまり動き回らないので易しいですが、近寄って撮る時は毛が目に掛かってしまいやすいので気をつけましょう。黒いヘアリーフロッグフィッシュを撮る時は砂を巻き上げないように!黒い体に砂がかかると美しくありません・・・。
このヘアリーフログフィッシュは学名を調べるとAntennarius striatus、和名は「カエルアンコウ」という事が分かります。日本の海水魚を見ると小笠原で撮られた写真としてヘアリーフロッグフィッシュが載っているので、日本にもいるんだぁとびっくりしました。毛が生えてしまうのはやっぱり地形、環境のせいなのでしょうか?その場所にあった色、毛の多さ、太さ、長さそれぞれ個体差が大きいので毎回、出現すると写真を撮りたくなってしまいます。
レンベはヘアリーフロッグフィッシュの他にもオオモンカエルアンコウやクマドリカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、ウルマカエルアンコウ、カスリカエルアンコウなど種類多く見られます。

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。