Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kasawarijp.blog91.fc2.com/tb.php/338-1f712f8a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

10月17日第2弾ガイド終了です

今日も朝からいいお天気で風も強く、ダイビング器材もしっかりと乾かすことが出来ました。
さて、4月に行いました第1弾に引き続き第2弾を9月9日から今日まで行いました。本日、チェックアウトのお客様と一緒に帰国します。
今年の乾期は水温の低い日があまり多くなく、28度くらいが多かったようです。まだ、所々冷たい所もありますが、最近は29度の所が多くなってきました。生物はミナミハナイカが大人の個体から赤ちゃん、ハッチアウトまで観察出来、アオリイカはサンゴの間に卵を産み付けていました。小さなボブテイルスクイッドもいました。タコはミミックオクトパスをはじめワンダーパス、ホワイトVオクトパス、ココナツオクトパス、珍しいヒョウモンダコ、ヘアリーオクトパスが見られました。ボロカサゴの仲間は黄色、白、薄い赤紫、子供の白っぽい少し色の混ざった個体など観察されました。ニシキフウライウオも数が多く黒、黄色、白などペアで見られるものも多かったです。人気の高いヘアリーフロッグフィッシュは見られたり、見られなかったりしましたが3ヶ所で見られました。オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウも見られましたがサイズは大きいものが多かったです。残念ながらゼブラバットフィッシュだけ今回は見る事が出来ませんでした。マナド側のシラデン島では定番のキンチャクガニもここレンベではヒメキンチャクガニしか見た事がなかったのですが、いることが分かりました。ピグミーシホースもピンクの個体は14Mのウミウチワで引き続き見られ、デニスピグミーシーホースも23Mとちょっと深いですが2個体見られました。例年に比べウミウシが物足りない感じがしましたが、全般的に被写体が多くお客様もデジカメのメモリーが足りなくなったり、電池が早く無くなる!!とよく耳にしました。それだけ写真を撮って頂いていると言う事はガイドにとってとても嬉しいことです。
ということで、第2弾を無事に終了し帰国します。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kasawarijp.blog91.fc2.com/tb.php/338-1f712f8a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。