Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kasawarijp.blog91.fc2.com/tb.php/340-46b3b14c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ヘアリーオクトパス

091030hairyoct.jpg
レンベ海峡でも珍しい「ヘアリーオクトパス」です。
学名もOctopas sp.とまだちゃんと名前がないようですが、図鑑に載っているということは古くから知られているのでしょう。生息域はインドネシアと書いてあります。
「ヘアリーオクトパス」って何?と思う方も多いと思います。私もそのうちの一人でした。マナドで働くようになってカメラマンの方がいらっしゃった時に「いやー、ミミックは見れなかったけどヘアリーが見られるなんてなんてラッキーだった」とおしゃっているのを聞いて「ヘアリーオクトパス??何だ?そりゃ?」と言う感じでした。その後、図鑑で見たりしてなるほどヘアリーだ!と思いましたがなかなか出会えませんでした。それもそのはず、年に数えるくらいしか見る事が出来ない珍しいタコだったのです。私が初めて見たのはレンベ海峡にある沈潜ポイントに行った時にマネージャーのヌースが見付けてくれました。
今回は私の滞在中に2回(1回は未遂ですが)出ています。写真を撮ったのは1回目でAer prangで浮上間際のブイの周りでガイドのアリが発見呼んでくれました。お客様がビデオとカメラの両方を持っていたので私はカメラを奪い取り撮影しました!その写真です。2回目の時は朝一のTanjung kuburでガイドのデディが見付けたのですが、アメリカ人のお客様が写真を撮っているうちに小さな岩の下に潜りこんで行ってしまったそう・・・。アメリカ人のお客様はカメラ2人ビデオ1人の3人で一人目が写真を撮っているのを順番待ちしていて目の前で入って行ってしまったそうで、上がってからたいそう悔しがっていました。私達は呼ばれて行ったらもう既にいなくて、デディが入っちゃったというジェスチャーと共に頭を掻いていました。
この撮影したヘアリーオクトパスの大きさは頭が枝豆くらいの大きさでした。写真を見て頂ければ分かると思いますが、とても周りに擬態し過ぎていてカメラ覗いてもどこに被写体があるのか・・・。ピグミーシーホースを探すのを想像して頂ければ分かると思います。いるのを見付けるのに一苦労なのに見付けるのはもっと難しいとつくづく、ガイドの目の良さに感心します。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kasawarijp.blog91.fc2.com/tb.php/340-46b3b14c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。