Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加1ダイブ無料サービスを延長します!

ご好評につき、この4月末までの期限だった追加1ダイブの無料サービスを延長することにしました!

現地3泊4日6ダイブ、またはそれ以上のダイブパッケージをお申込みのお客様には、現地にて追加1ダイブを無料にてプレゼントいたします。

レンべは昼間のダイビングはもちろん面白いですが、サンセットやナイトダイビングもすごくおススメです。
この追加1ダイブ無料サービスで、是非サンセットやナイトにチャレンジしてください!

期限は今年12月31日チェックインまでのご予約です。
繁忙期などの除外日はありませんのでいつでもお気軽にご利用ください!!

マリンダイビング4月号でカサワリレンべが紹介されています

マリンダイビング4月号ではメナド・レンべ特集でカサワリレンべが紹介されています。

MD_april2013

表紙は昨年9月のメナド・レンべフォトセミナー時に原田カメラマンが撮影されたコールマンズシュリンプです。
レンべ特集では色とりどりのニシキフウライウオ、2種類のピグミーシーホース、ヘアリーフロッグフィッシュ、ミミックオクトパスなど、レンべを代表する生物が掲載されています。

そういえば、取材時はレンべで潜った3日間でワンダーパスとミミックに3回会うことができました。
そのうちの1回は快晴の午前中。
通常は曇り空の日や夕方が狙い目と言われる彼らに、明るい陽射しの下で会えたのはラッキーでした。

また、一般的に水温が下がる夏の時期(25度前後)に遭遇率が高まるヘアリーフロッグフィッシュですが、
このセミナーツアーでは水温30度前後にも関わらず見ることができました。

陸上同様、水中生活のスタンダードも変化しつつあるようです。
季節、天候に関わらず、会いたい生物、撮影したい生物に会える可能性は1年中ありますので
どうぞお気軽にリクエストしてください!

インドネシア水中フォトコンテスト

インドネシア政府主催の水中フォトコンテストが開催されています。
賞金総額はUSD200,000 !
いまの為替で換算するとなんと約18,600,000円!!

IWUPC1.jpg

コンテストに登録しているリゾートやダイビングサービスを通してエントリーした作品が対象です。提出期限は1月1日から11月30日です。

コンデジ、一眼、ワイド、マクロなど複数の部門があるようです。
写真を始めたばかりの方でも入賞するチャンスは十分にあるのではないかと思います。

カサワリレンべはこのコンテストに登録しています。
どしどしご参加ください!
http://www.indonesiaunderwatercontest.com/


ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

年末年始のダイビングレポート

大変ご無沙汰しております。
昨年9月のフォトセミナーのレポートをアップしてからしばらく更新をしていませんでした。
これはお客様がいらっしゃらなかったということでは断じてなく、
私がネタ収集を怠っていたからでした(汗)
実際には、フォトセミナー後も沢山のお客様のお力添えをいただきまして、リゾートは活気に満ちております!
お越しいただきましたお客様、改めましてありがとうございます!!

さて、年末年始にいらっしゃったお客様が撮影された写真をお借りできましたので、ここで満を持して紹介させていただきます。

この小さい生き物はなんだか分かりますか?

Hairly shrimp1(ヘアリーシュリンプ1)



Hairly shrimp(ヘアリーシュリンプ)です。
指示棒と比べるとその小ささがよく分かりますね。
意外と手のひらサイズの生き物も豊富なレンべ海峡では
肉眼ダイビング(こんな言い方するのかな?)でも相当楽しめますが、ここまで小さいとカメラの出番ですね。
小さい毛までくっきりと見えて驚きです。

私はこれまで出会ったことがなく、
毎年お越しいただいているY様も今回が初めてとのこと。
それだけレアなんです。
今回はなんと3個体もご覧になったということ、
羨ましい限りです!


さて、最後にご覧になったという↓のヘアリーちゃん。
どこか違和感を感じませんか?

Hairly shrimp2(ヘアリーシュリンプ2)



なんと寄生虫がついているのです。
ガイドのAliやHannyが言うには、
「この子数日後には死んじゃうよ」、とのこと。
その言葉がY様にはとても印象に残ったそうです。

こんな小さい生き物にも活かされている、さらに小さい生き物がいるんですね。
限りある命のはかなさと、そしてその逞しさを同時に感じた一枚です。


Y様からはお写真とお話を他にもいただいています。
また後日紹介させていただきますね。


レンべ・メナドフォトセミナーツアー総括編

約2か月に渡り報告させていただきましたレンべ・メナドフォトセミナーツアーのレポートもこれで最後です。
カサワリレンべブログ、そしてココティノスブログをご覧いただきましてありがとうございました。

最後に、今回はセミナーご参加の法田様が撮影された動画を紹介させていただきます。



個人的には動画は撮影後の編集が大変かと思い、これまでチャレンジしてきませんでした。
でも作品を拝見すると自分も撮影してみたくなります。
この躍動感を記録しておけるのは動画ならではですよね。
法田さん、拝見する度に楽しかったツアーを思い出します。
ありがとうございました!

さて、今月末にはセミナーツアーにご参加いただいたお客様と東京で飲み会が開催されます。
セミナーツアー後に、新たな撮影地に赴かれたり、
水中写真の勉強を加速されたり、
コンテストへの応募を虎視眈々と狙われたり、
多忙な日常へ引き戻されたり・・・
様々な2か月を過ごした皆さまとまたお会いできるとのこと、大変楽しみにしております!

Extra

プロフィール

カサワリブログ

Author:カサワリブログ
カサワリレンベリゾートとレンベ海峡の現地レポートです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。